転職エージェントが無料で利用できる理由と報酬の仕組みとは?【転職エージェント入門編】

「転職エージェントが無料で利用できる理由と報酬の仕組みとは?【転職エージェント入門編】」の画像

こんにちは、転職マネージャーです!

転職エージェントは無料で利用できるところが殆どです。
この記事では求職者はなぜ転職エージェントを無料で利用できるのか、転職エージェントは誰にどのようなサービスを提供しどのように収益をあげているのか、といった転職エージェントの報酬の仕組み、ビジネスモデルを中心に紹介します。

また、無料で利用できる便利な転職エージェントですが、転職エージェントがサービスを提供できないケースもあります。
そのようなことが起こる背景や理由についてもあわせてお伝えします。

転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントが求人企業から成功報酬をもらうから

転職エージェントの役割と報酬から、転職エージェントのビジネスモデルを見てみましょう。

転職エージェントの役割

転職エージェントとは、転職したい求職者と、社員を採用したい求人企業とを結びつけるサービスです。
簡単に言うと仲介ですね。

求職者が転職エージェントに登録すると、転職エージェントは企業から預かった求人情報の中から求職者の希望にそう求人情報を探し出し、求職者にはその求人が紹介されます。
求職者は希望にそう求人情報があれば応募し、そして書類選考、面接、内定へと進みます。

転職エージェントは応募から内定まで全てのステップに介在し、応募書類への助言や面接対策、求人企業の中途採用の背景や面接傾向等の独自情報の提供、求人企業との面接日程や待遇面の調整・交渉の代行といったことも支援してくれます。

転職エージェントの報酬

求職者の転職が決まると、転職エージェントは求人企業から成功報酬をもらうことになります。
その額は求職者が初年度にもらう年収の20〜30%相当。
例えば、求職者の年収が900万円だとすると、転職エージェントが受け取る成功報酬が270万円です。
念のため補足しますと、求職者の年収から成功報酬が差し引かれるわけではありませんので、安心してください。

このようなビジネスですから、転職エージェントは利用料を求職者から受け取る必要がなく、求職者は転職エージェントのサービスを無料で利用できるわけです。
当然ながら求職者が転職しないと転職エージェントにお金は入ってきませんし、転職エージェントに求職者が集まらなければ事業が成り立ちません。
なお、転職エージェントに入ってくる成功報酬ですが、求職者が転職しても短期間で退職してしまうと、転職エージェントは受け取った成功報酬の何割かを求人企業に返金する契約になっています。

このような背景から転職エージェントは自社、求職者、求人企業の三者が幸せになる転職を実現するために努力するのですね。
求職者にとっての転職エージェントとは、求職者が希望する企業に対して、求職者を共に売り込んでくれるパートナーと考えると良いのではないでしょうか。

転職エージェントに登録できない・登録を断られる・登録拒否されることもある?

無料で利用できる便利な転職エージェントですが、転職エージェントがサービスを提供できないケースもあります。
転職エージェントが、登録した方の経歴や希望に合う求人を持っていない場合に起こります。

これを受けて、転職エージェントに登録できない・登録を断られる・登録拒否されると言う方もいますが、正確に言うと転職エージェントが企業から預かっている求人情報の中で、求職者に紹介できる求人情報が無いということになります。

実際、私も30代後半の転職活動では、10社以上の転職エージェントに登録しましたが、うち2社から「ご紹介できる求人案件がございません」といった内容のメールが届きました。

利用するメリットが多い転職エージェントですが、ご自身が応募できる求人情報を持っていないのならば、利用する意味がありません。
このようなこともあるので転職エージェント登録にあたっては、業界・職種・地域等の転職エージェント毎の得意・不得意といった特徴を知ることが大切です。

紹介できる求人がないと言われると、自分の価値を否定されるようで少しショックですが、その転職エージェントに限っての話なので気にしないことが大切です。
私もその後、別の転職エージェントを利用して転職していますし。
このような連絡で動揺する時間はもったいないので、新たな転職エージェント登録に時間を使いましょう。

あとがき

今回は、転職エージェントが無料で利用できる理由を中心に転職エージェントのビジネスモデルをご紹介しました。

この記事の他にも、転職エージェント登録・利用にあたって知っておきたい転職エージェントの基礎知識に関する記事をまとめていますので、あわせてご覧ください。

今回はこの辺で失礼します。

関連記事