40代向け転職エージェントおすすめTop4を比較【40代の転職活動期間も解説】

40代向け転職エージェントおすすめTop4を比較【40代の転職活動期間も解説】

転職エージェントの利用を検討している40代の方に、転職エージェントの比較からわかる特徴を解説し、40代向けおすすめ転職エージェントをご紹介します。

大手の転職エージェントは、営業、マーケティングからエンジニア、人事、経理まで、さまざまな職種の求人をあつかっています。一般企業の求人であれば、ほとんどの職種の求人を紹介してくれるでしょう。

一方で、大手転職エージェントとは言っても、ビジネス経験が少ない若年層や一般職・スタッフ層、第二新卒の求人を中心にあつかうところもあれば、経験豊富なミドル・中高年層やエグゼクティブ・管理職、スペシャリストの求人を中心にあつかうところもあり、得意な分野、領域には違いがあります。

この記事では、比較からわかる各転職エージェントの特徴をふまえ、40代におすすめする転職エージェントを厳選して紹介し、あわせて40代におすすめしない転職エージェントも具体名を挙げて解説しますので、転職エージェント選びに迷っている40代の方はぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いた人
この記事を書いた転職マネージャーです。転職経験は3回あり、現在は中小企業診断士として独立、サービス業が専門になります。人事・人材領域の仕事では、マネジメントなどクライアント企業の昇進・昇格者向け研修を受け持っています。当サイトでは私自身の転職活動経験をベースに、人材サービス業界で働く方にも助言をもらいながら、転職したい人に役立つ情報を共有し、たいせつな選択や判断をお手伝いします。

40代向け転職エージェントの比較・ランキング

40代向け転職エージェントの比較・ランキング

ここでは、4つ40代向け転職エージェントを比較して特徴を解説し、転職エージェントをランキング形式でご紹介していきます。

ご紹介する40代向け転職エージェントは、当サイトが総合的に転職エージェントを比較した情報の中から、40代の求人が充実し、志望動機や履歴書・職務経歴書作成のアドバイス、転職相談、面接対策、待遇交渉などの手厚いサポートが受けられる転職エージェントをリストアップしています。

40代向け転職エージェントランキングTop4・比較表

40代向け転職エージェントランキングTop4があつかう求人を、比較表を用いて簡単に確認します。

なお、比較表は、横方向にスクロールできます。

評価No.1No.2No.3No.4
サービス名リクルートエージェントJACリクルートメントパソナキャリアdodaエージェントサービス
公開求人数(注1)

157,196

12,272

39,059

119,065

40代前半の求人
40代後半の求人
スタッフ層の求人
マネジメント層の求人
スペシャリストの求人
求人が豊富な地方北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州関東甲信越東海関西中国海外関東東海関西中国九州北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
利用料無料無料無料無料
詳細リクルートエージェントJACリクルートメントパソナキャリアdodaエージェントサービス
40代向け転職エージェントランキングTop4・比較表【備考】
No.1:リクルートエージェント、No.2:JACリクルートメント、No.3:パソナキャリア、No.4:dodaエージェントサービス

*注1:掲載している公開求人数は、2022年1月21日時点の情報です。なお、転職エージェントがあつかう求人には、公開求人の他に非公開求人があります。非公開求人は転職エージェントに登録することで紹介してもらえる求人で、転職エージェントが保有する求人のうち50〜80%が非公開求人になります。

40代向け転職エージェントランキングTop4の特徴

先にご紹介した比較表を補足しながら、40代向け転職エージェントランキングTop4特徴を解説します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェント
リクルートエージェントの転職支援サービス

リクルートエージェントは、20代・30代・40代の幅広い年代の求人を豊富にあつかい、一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まであらゆる役職・ポジションの求人に対応する、業種、職種、年代を問わずオールラウンドに強い最大手転職エージェント。売上高、転職支援実績ともにNo.1で、莫大な転職ノウハウが蓄積されています。

リクルートエージェントの求人が豊富なエリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
リクルートエージェントの評判に関する記事
リクルートエージェントの公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
JACリクルートメント
JACリクルートメントの転職支援サービス

JACリクルートメントは、30代・40代の求人に強く、スキルや技術を活かせるプロフェッショナルの求人、高い職位の求人、高年収の求人を探している人の心強い味方になってくれる、ハイキャリア層専門の転職エージェント。エグゼクティブ(経営幹部)求人案件の対象となる方には、エグゼクティブ専門の人材紹介サービス「JAC Executive」の求人が、あわせて紹介されます。

JACリクルートメントの求人が豊富なエリア
  • 関東
  • 甲信越
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 海外
JACリクルートメントの評判に関する記事
JACリクルートメントの公式サイト

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア
パソナキャリア
パソナキャリア
パソナキャリア
パソナキャリアの転職支援サービス

パソナキャリアは、20代・30代・40代の幅広い年代の求人に強く、さまざまな業種、職種の求人に対応する、人材サービス業界大手パソナグループの転職エージェント。応募書類添削、面接対策などの転職支援サービスが充実しています。

パソナキャリアの求人が豊富なエリア
  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 中国
  • 九州
パソナキャリアの評判に関する記事
パソナキャリアの公式サイト

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービス
dodaエージェントサービスの転職支援サービス

dodaエージェントサービスは、20代・30代の求人に強い、売上高2位の大手転職エージェント。さまざまな業種、職種の、一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まで幅広い求人を豊富にあつかっています。

dodaエージェントサービスの求人が豊富なエリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 東海
  • 北陸
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
dodaエージェントサービスの評判に関する記事
dodaエージェントサービスの公式サイト

当サイトの転職エージェントの選び方や評価基準、比較に関する詳しい情報は、次の記事でご覧になれます。

目次に戻る

40代におすすめする転職エージェント、おすすめしない転職エージェントまとめ

40代におすすめする転職エージェント、おすすめしない転職エージェントまとめ
40代におすすめする転職エージェント、おすすめしない転職エージェントまとめ

当サイトが40代におすすめする転職エージェント40代におすすめしない転職エージェントをまとめます。はじめに、おすすめしない転職エージェントからお伝えします。

40代におすすめしない転職エージェント

40代の方は所属する企業や組織でベテランとも呼ばれる年代で、求められるものはマネジメントや専門性です。中途採用を検討する求人企業も、この点は同じです。

企業や組織で一般職・スタッフ層の仕事は豊富にありますが、マネジメント層やスペシャリストのポジションは少なく、その結果転職市場にある求人自体も豊富とは言えません。管理職や専門職の求人を扱う転職エージェントは限られてきます。

一方、転職エージェントの中には、一般職・スタッフ層の求人が豊富で、若年層の転職に注力している転職エージェントがあります。具体例をあげると、マイナビエージェントtype転職エージェントが該当します。

よって、マイナビエージェントとtype転職エージェントは、当サイトでおすすめの転職エージェントとしてご紹介しているものの、40代の方が満足できる求人の紹介は難しいという判断で、この記事には掲載していません。

マイナビエージェント、type転職エージェントともに、優良な転職エージェントなので残念ですが、40代の方は他の転職エージェントの利用を検討してください。

40代におすすめする転職エージェント

これまで40代向けの求人は、経営やマネジメント能力を期待するエグゼクティブ・管理職の求人が中心でしたが、人手不足を背景に2017年頃から少し様子が変わり、スペシャリストや専門性を求める求人が増えています。

このような背景から、転職エージェント選びに迷っている40代前半40代後半の方ともに当サイトが推奨するのは、専門職・スペシャリストの求人、管理職・役職者の求人が充実するリクルートエージェント、JACリクルートメント、パソナキャリアです。

リクルートエージェントは年代、地域、業種、職種でオールラウンドに強く、エグゼクティブや管理職、専門職の求人も充実する最大手転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラス・中高年層の好条件求人に強く、日系・外資系企業のエグゼクティブや管理職、専門職の求人が豊富にあり、40代のみならず50代の転職にも対応できます。

パソナキャリアは、転職支援サービスが充実するパソナグループの転職エージェントで、ハイクラス・中高年層の転職・求人に力を入れています。

また、当サイトでは転職エージェントのほかに、40代の方にはハイキャリア層向けの求人が豊富なハイクラス転職サイトの利用もおすすめしています。

ハイクラス転職サイトとは

ハイクラス転職サイトは、多数の転職エージェントやエグゼクティブサーチが参加する、ハイキャリア層、ミドル・中高年層(30代、40代、50代)向けの転職支援サービスです。

求職者はハイクラス転職サイトに職務経歴などの情報を一度登録するだけで、たくさんの転職エージェントやエグゼクティブサーチのヘッドハンターと接点を持つことができ、スカウトによって求職者にあうハイクラス求人を紹介してもらえます。加えて、企業からのスカウト機能もあります。

この代表的なサービスが、リクルートグループのリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)と、テレビCMやネット広告でおなじみのビズリーチ。リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの特徴や評判を次の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

「40代×地域」で転職エージェントや転職市場の情報を確認したい方は、次の記事をご覧ください。

【地方・地域別】転職エージェント
北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方(関西地方)
中国・四国地方
九州地方

目次に戻る

40代の転職活動について

40代の転職で求められること、転職活動の進め方と転職活動期間や、転職にあたって気になる40代の年収の情報について、解説します。

40代の転職で求められること

40代の転職で求められることを整理します。

一般的な企業で40代の社員は、ベテランと呼ばれる世代です。管理職になっている方もいれば、複線型人事制度を導入する企業では専門職、専任職になっている方もいて、それぞれ求められることも変わってきます。

単線型人事制度と複線型人事制度

単線型人事制度は課長、部長といったラインの管理職として職位が上がる人事制度で、複線型人事制度は文字通り、複数のキャリアが用意され、管理職のほかに、専門職、専任職などを選択できるものです。

ベテラン社員は、次のようなものが求められます。また、複線型人事制度で見られるコースで専任職がありますが、ベテラン社員と同様のケースが多いものです。

管理職は、次のようなものが求められます。

複線型人事制度の専門職は、管理職の扱いで部下を持たないケースが多く、次のようなものが求められます。

40代の転職活動ではこれらの点に留意し、面接や応募書類の自己PRなどに活かしてください。

書類選考面接の通過に悪影響を及ぼすことがないよう、転職エージェントのキャリアアドバイザーによる履歴書・職務経歴書作成の添削、模擬面接などの面接対策といった転職支援サービスの活用をおすすめします。

キャリアアドバイザーとは

キャリアアドバイザーは、求職者の転職支援を担当する人材紹介会社(転職エージェント)の社員です(コンサルタント、キャリアパートナーなど別の呼称を使う人材紹介会社もあります)。

キャリアコンサルタントという名称もありますが、キャリアコンサルタントはキャリアコンサルティングの国家資格を持つ人だけが名乗れます(参考:厚生労働省「キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント」)。キャリアコンサルタントの資格を持つ、人材紹介会社の社員もいます。

40代の転職活動の進め方と転職活動期間

転職エージェントを利用する場合の、転職活動の進め方と転職(入社)までにどの程度の転職活動期間が必要になるのか解説していきます。

40代だからと言って転職活動の進め方が変わることはなく、転職エージェントを使って転職活動を進める場合、転職(入社)までの流れは次のようになります。

上記を例に、先ず転職活動を始めてから内定までに必要な期間についてお話しすると、一般企業への転職では「6.応募した企業・組織に内定」までに、少なくとも1ヶ月程度の期間が必要になると考えておきましょう。すんなり内定が出た場合の例なので、求人が少ない職種、業種、地域などにこだわる場合は、もう少し時間がかかるケースも出てきます。

転職(入社)までに必要な期間は、組織によって、人によって違い出てくるところです。この点にご留意ください。

円満退職を前提とする場合、内定が出た後、勤務先に退職の意思を伝えてから「7.応募した企業・組織に転職(入社)」までに、1ヶ月後程度の期間を設けるのが常識的なところだと思います。よって、転職活動期間は次のように認識してください。

転職活動期間も40代だからと言って大きく変わることはありませんが、20代、30代に比べると求人数が少ないため、転職活動期間が長くなるケースが出てきますし、求人数自体が少ない管理職にこだわる場合は、中長期的な計画をたて転職活動を進めることが必要になります。

転職活動の進め方、転職活動期間について詳しくは、次の記事をご覧ください。

40代の年収について

40代の年収の実態について、厚生労働省が公表している賃金構造基本統計調査を確認します。

厚生労働省が2021年3月31日に公表した、「令和2年賃金構造基本統計調査」における、40代前半の年収40代後半の年収は次の通りでした(参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」)。

全年代の労働者の年収もお伝えします。「令和2年賃金構造基本統計調査」における、全年代の労働者の年収は次の通りです。

お伝えした年収は、所得税や社会保険料などが引かれる前の金額になります。ご自身の年収と比較する際は、いわゆる手取りの年収ではなく、税込みの年収(額面の年収)と比べてください。

目次に戻る

40代の転職に関するよくある質問

40代の転職に関するよくある質問や疑問に対する回答を、この記事の内容をもとに整理してお伝えします。

転職エージェントってたくさんあるけど、40代向きの転職エージェントは何が違うの?

転職エージェントがあつかう求人には、それぞれ特徴があります。あつかう求人の業種・職種、地域、役職・ポジション、年代などの点で、得意不得意が出てきます。得意な分野・領域の求人は、あつかう求人の量が多くなり、質が高いものが揃います。40代の方は、当然ながら40代の求人、エグゼクティブ・管理職、専門職・スペシャリストの求人が豊富な転職エージェントを選ぶことが大切です。転職エージェントがあつかう求人の最新の特徴を把握して、ご自身の希望や経歴・強みにぴったりの転職エージェントを利用すれば、たくさんの求人が紹介され転職活動が円滑に進むことになるでしょう。利用にあたっては、転職エージェントを比較し、ご自身にフィットする転職エージェントを見つけて、希望がかなう求人に出会う確率を高めてください。

40代におすすめの転職エージェントは、どこ?

当サイトで紹介する転職エージェントの中から、40代におすすめの転職エージェントをご紹介します。40代前半の方に当サイトがおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェント、JACリクルートメント、パソナキャリアになります。40代後半の方におすすめする転職エージェントも同じく、リクルートエージェント、JACリクルートメント、パソナキャリアです。3つの転職エージェントともに、専門職・スペシャリストの求人、管理職・役職者の求人が充実しています。

40代の平均年収って、どのくらい?

「令和2年賃金構造基本統計調査」における年代別の平均年収から、40代前半と40代後半の平均年収をお伝えします。40代前半の平均年収は531万円、40代後半の平均年収は561万円です。ちなみに、全年代の平均年収は487万円となっています(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」)。

目次に戻る

あとがき:40代向け転職エージェントおすすめTop4を比較【40代の転職活動期間も解説】

この記事では、転職エージェントの利用を検討している40代の方に、次の3つのポイントから40代向け転職エージェント、40代の転職活動について解説しました。

  1. 40代向け転職エージェントの比較・ランキング
  2. 40代におすすめする転職エージェント、おすすめしない転職エージェントまとめ
  3. 40代の転職活動について
  4. 40代の転職に関するよくある質問

この記事を参考に転職エージェントを選ぶことができれば、ご自身の転職活動に役立つ転職エージェントに出会えるはずです。

利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらの公式サイトをチェックしてみてください。

転職活動の成功をお祈りいたします!

目次に戻る