転職エージェント・転職サイトの選び方、探し方で大切な4つの評価基準

転職エージェント・転職サイトの選び方、探し方と4つの評価基準の画像

こんにちは、転職マネージャーです!

当サイトではさまざまな転職エージェント転職サイトを比較し、ランク付けしてご紹介しています。

この根拠や基準は何か、きちんとお伝えしておかないと、なぜ推奨しているのかと不審に思われたり、信じてもいいランキングなのかと疑われたりしても仕方ありません。

記事ではこのような懸念を解消するために、転職エージェント・転職サイトの評価基準を公開するとともに、当サイトでご紹介していない転職エージェント・転職サイトに出会った際にも、利用すべき転職エージェント・転職サイトなのか容易に判断ができるように、具体的な転職エージェント・転職サイトの選び方探し方をご紹介していきます。

転職エージェント・転職サイトの登録と利用にあたって

転職マネージャーが転職活動で重要だと思うことは、可能な限り多くの求人情報を集めて、その中から希望にフィットする組織や施設の求人を見つけ、どんどん応募し、その他の部分は極力省力化することです。

このような効率化を実現するものが、転職エージェント・転職サイトの転職支援サービスであり、そのためにも転職エージェント・転職サイトの利用・活用が必要であると、転職マネージャーは信じています。

それでは、この転職エージェント・転職サイトの転職支援サービスを、もう少し具体的に見ていきましょう。

転職エージェントと転職サイトについて

転職エージェントからご紹介します。転職エージェントは、転職したい求職者と、人を採用したい組織や施設とを結びつけ仲介する職業紹介・人材紹介サービスです。

求職者が転職エージェントに登録すると、転職活動をサポートしてくれる担当者がつき、求職者の経歴やスキル、希望条件を把握し、求職者にフィットする求人を紹介してくれます。希望すれば、転職やキャリアの相談にも乗ってくれるでしょう。

求職者は希望にそう求人があれば応募し、書類選考、面接、内定と進みます。

一方、転職サイトには、さまざまなタイプのものがありますので、以下をご参照ください。

転職サイトについて
医療福祉分野の求人を扱う転職サイト
「医療福祉分野の求人を扱う転職サイト」は、転職エージェントと同じく職業紹介・人材紹介サービスとご理解いただいて差し支えありません。わかりづらいですが、転職サイトと呼ばれることが慣例となっています。当サイトでは「医療福祉分野の求人を扱う転職サイト」は、看護師転職サイト、保育士転職サイトをご紹介しています。
一般企業の求人を扱う転職サイト
「一般企業の求人を扱う転職サイト」は、求人広告を掲載するWeb広告媒体であって、職業紹介・人材紹介サービスではありません。ですから、求職者に転職サイトの担当者がつくことはありませんし、求職者は転職サイトに掲載されている求人の中から、希望にあう求人を自分で探しだすことになります。一般に転職サイトと呼ばれるものはWeb広告媒体タイプですが、当サイトではこのタイプの転職サイトはご紹介していません。
ハイクラス転職サイト
「ハイクラス転職サイト」は、前述したWeb広告媒体の転職サイトと違い、求職者が匿名でハイクラス転職サイトに職務経歴などの情報を登録すると、情報を見た人材紹介会社のヘッドハンターからスカウトが受けられる、ハイキャリア層向けのサービスです。こちらの「ハイクラス転職サイト」については、当サイトでご紹介しています。

この他にも転職サイトと呼ばれるサービスがありますが、現在当サイトでご紹介している転職サイトは、前述の「医療福祉分野の求人を扱う転職サイト」と「ハイクラス転職サイト」になります。

転職エージェント・転職サイトの転職支援サービス

転職エージェント・転職サイトの転職支援サービスは、求人を紹介するだけではありません。

転職エージェント・転職サイトを利用すると次のような転職支援サービスが受けられ、転職活動を円滑に進めることができるのです。

転職エージェント・転職サイトを利用する転職活動と、利用しない転職活動の大きな違いは、このような担当者によるサポートの有無にあります。

このようなサポートが転職活動の効率化を実現し、限られた時間の有効活用から転職成功へとつながるのです。

転職エージェント・転職サイトを利用する際の留意点

便利な転職エージェント・転職サイトにも、留意することがあります。

転職マネージャーはこれまで3回の転職経験があり、10社以上の転職エージェントを利用しました。

転職エージェント登録前には、自分の職歴や経験・スキル、希望にフィットしそうな転職エージェントを探すため、さまざまな転職エージェントを比較・検討し、比べた転職エージェントの数は30社近くになるでしょう。

しかしながら、じっくり比較・検討したうえで転職エージェントに登録したつもりでも、私の履歴・経歴から「ご紹介できる求人案件がございません」といった内容のメールが送られてきたこともあれば、こちらがメールを送っても一切返信をよこさない転職エージェントに登録してしまったこともあります。

求人を紹介してもらえないのはまだ良い方で、大切な個人情報を預けた後でいい加減な仕事をされると、転職エージェントに登録したことを後悔することになります。

このような背景もあって、当サイトでは転職エージェント・転職サイトを選ぶにあたり、求人情報や転職支援サービスの評判や特徴のみならず、個人情報保護の取り組み姿勢、転職エージェント社員のやる気も評価軸に加え、転職エージェント・転職サイトを選ぶ基準としました。

 

転職エージェント・転職サイトの選び方、探し方

ここでは、さまざまな転職エージェント・転職サイトを比較してランク付けする際の、当サイトの転職エージェント・転職サイトの探し方、選び方をご紹介します。

転職エージェント・転職サイトの数

一般企業の幅広い職種の正社員求人を扱う総合型の転職エージェント、エグゼクティブ・管理職や中高年層、第二新卒や若年層といった特定層の求人を扱う特化型の転職エージェント、看護師求人や保育士求人を専門に扱う医療福祉分野の転職サイトなど、世の中にはさまざまな人材紹介会社が存在しています。

所管する厚生労働省による分類でこれら人材紹介会社は「有料職業紹介事業」となり、2019年3月の厚生労働省の発表によれば「有料職業紹介事業」は全国に20,783の事業所があります(※注:2019年10月1日に確認した厚生労働省職業安定局の情報によれば、「平成29年度職業紹介事業報告書の集計結果」は、集計に一部誤りがあったため、再集計を行なっているとのことです)。

次はこの膨大な数の中から、どのように転職エージェント・転職サイトを探して、選んだのかお伝えします。

転職エージェント・転職サイトを探した方法と選んだ方法

転職エージェント・転職サイトの探し方からご説明します。

当サイトでご紹介する転職エージェント・転職サイトを探すにあたっては、はじめに人材サービス業界で現在働いている方・以前働いていた方3名にインタビューを実施しました。そして、優良と思われる転職エージェント・転職サイトをリストアップしました。

次に、インタビューで得た各転職エージェント・転職サイトの評判や特徴の情報と、自身の転職活動経験をベースに、中小企業診断士である転職マネージャーが、転職エージェント・転職サイトを運営する人材紹介会社の企業情報も含めて比較し、評価しました。この結果から、当サイトで紹介する転職エージェント・転職サイトを選んでいます。

転職エージェント・転職サイトの選び方は、次の4つのポイントを評価基準として重視、これにサービス面の評価を加味し判断しています。

転職エージェント・転職サイトを選ぶ4つのポイント
  1. 個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェント・転職サイトを選ぶこと
  2. 経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェント・転職サイトを選ぶこと
  3. 希望する分野の多様な求人を豊富に持っている転職エージェント・転職サイトを選ぶこと
  4. 希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェント・転職サイトを選ぶこと

この4つのポイントの具体的な内容や背景については、後ほどご紹介します。

なお、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の方が転職エージェントを選ぶ基準は、一部の基準が違います。

具体的には次の通り、「希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェント・転職サイトを選ぶこと」の代わりに、「エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントを選ぶこと」を入れています。こちらも後ほど内容や背景についてご説明します。

エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者が転職エージェントを選ぶ4つのポイント
  1. 個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶこと
  2. 経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェントを選ぶこと
  3. エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の多様な求人を豊富に持っている転職エージェントを選ぶこと
  4. エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントを選ぶこと

 

転職エージェント・転職サイトの評価基準

転職エージェント・転職サイトを比較し各ランキングを決める際、当サイトではこれからご紹介する評価基準を軸にすえて判断しています。

個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェント・転職サイトを選ぶこと

転職エージェント・転職サイトを運営する人材紹介会社は大切な個人情報を取扱います。そのため当サイトでは、人材紹介会社の個人情報保護への取り組み姿勢を重く見ています。

当サイトではその姿勢を判断する基準としてプライバシーマークを用い、プライバシーマークを取得している企業、もしくは親会社などのグループ会社(関係会社)がプライバシーマークを取得し、同様の運用で個人情報保護に取り組む企業が運営する転職エージェント・転職サイトをご紹介しています。

プライバシーマークとは
プライバシーマークとは、個人情報保護についての体制・運用が、適切であると認定された事業者に付与されるマークのことです。

プライバシーマークを取得・維持するには、社内の管理体制を整備したり、社員教育を徹底したりと時間もお金も掛かることで、簡単なことではありません。取得前から社内に担当者を置き、企業によってはシステム開発が必要となってプロジェクトチームを作ることもあり、取得後も担当者を置く企業が多いものです。

このように人・物・金が必要になる、プライバシーマークの取得・維持。プライバシーマークを取得している企業であれば、個人情報保護について全幅の信頼をおいて良いというものではありませんが、企業として個人情報保護を重視する姿勢は伝わってきますね。

経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェント・転職サイトを選ぶこと

転職エージェント・転職サイトを運営する人材紹介会社はサービス業ですから、提供する人によってサービスレベルに多少の差が出ることは想定しておかなければなりません。

そこで、このような問題の発生を未然に防ぐために社員教育に力を入れ、サービスレベルや能力の標準化につとめ、社員のやる気を引き出す環境作りに注力する人材紹介会社を選ぶことが大切です。

サービスレベルの違いは、紹介される求人情報の量、求職者の希望や経験・スキルにフィットする求人情報の質といったものに、如実にあらわれてきます。

私の経験では、やる気のある転職エージェントの担当者は、メールなど連絡の頻度、紹介してくる求人の量が、他の転職エージェントの担当者と一桁違いました。桁違い、桁外れというのはこういうことを言うのだなぁ、と感心したことがあります。

やる気あふれる担当者は、コミュニケーションの回数を重ねるごとに、紹介してくれる求人も私の希望にそうものが増え、質も高まってくる印象です。

求人情報の量や質の話だけではありません。転職活動での求職者に対するサポートの面でも、やる気の違いは影響を及ぼします。

とは言え、やる気がある社員が多い転職エージェント・転職サイトであることを判断する情報を、個人で集めることは簡単ではありません。代わりに、当サイトが収集し評価した情報を参考にしていただければと思います。

当サイトでは、人材サービス業界の中の人へのインタビューや転職マネージャー独自の情報収集から、転職エージェント・転職サイトを運営する人材紹介会社の給与水準、人事制度、主体性を尊重する社風、風通しの良さなど、社員のやる気に影響を及ぼす動機づけに関係する情報を中心に集めて、評価しています。

全く同じ人はいませんので、同じ人材紹介会社の社員でも、当然人によってやる気に違いはあるでしょう。

ですから担当者に当たり外れが出てくることはありますが、社員のやる気が高い傾向がある転職エージェント・転職サイトを選ぶことができれば、はずれくじを引く確率は間違いなく低くなります。

希望する分野の多様な求人を豊富に持っている転職エージェント・転職サイトを選ぶこと

勤務地となる都道府県、20代・30代・40代・50代といった世代業種・職種、勤務先の雇用形態・施設形態など、人材紹介会社には得意な分野とそうでない分野があります。得意分野の求人は、質が高いものが揃います。

一般的に人材紹介会社の企業規模が大きいと、さまざまな求人を網羅する総合型の転職エージェント・転職サイトであることが多く、企業規模が小さくなればなるほど専門分野に特化する傾向があります。一般企業の幅広い業種・職種の求人を扱う大手転職エージェントであっても、扱う求人が対象とする世代や勤務地は異なることが多く、このような点には留意が必要でしょう。

転職エージェント・転職サイト利用にあたってはこのような特徴を知ることが大切で、そのために当サイトでは転職エージェント・転職サイトの特徴を具体的にわかりやすくご紹介します。

当サイトでは一般企業の正社員求人では、勤務地となる都道府県、20代・30代・40代・50代といった世代、業種・職種といった点から、転職エージェントの特徴がわかるように整理してご紹介しています。「都道府県」「世代」は問題ないと思いますが、「業種・職種」は文言だけでは内容がわかりづらいので、当サイトで整理している具体的な項目をお伝えします。

業種・職種
  • 営業、セールス
  • マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画
  • 人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務
  • 販売、流通、サービス、物流、購買
  • コンサルタント、監査法人、士業
  • 金融
  • クリエイティブ(デザイン、Web、広告、編集、ゲーム等)
  • IT・通信・Webエンジニア、システムエンジニア(SE)
  • 電気・電子・機械・素材・化学エンジニア
  • 医療、医薬、バイオ
  • 建築、土木、設備、不動産

医療福祉分野の看護師求人、保育士求人では、勤務地となる都道府県、勤務先の雇用形態・施設形態といった点から、転職サイトの特徴がわかるように整理してご紹介しています。「雇用形態」「施設形態」は文言だけでは内容がわかりづらいので、当サイトで整理している具体的な項目をお伝えします。

雇用形態
  • 正社員(正職員)
  • 契約社員
  • パート(アルバイト)
  • 派遣
  • 紹介予定派遣
施設形態
看護師
病院、クリニック(診療所)、介護施設、訪問看護、企業、保育施設
保育士
保育所、院内保育、企業内保育、幼稚園、認定こども園、学童施設

転職エージェントが取り扱う求人は、時間の経過や環境の変化によっても変わってくるものです。例えば、ある転職エージェントは以前はIT業界やゲーム業界に特化した求人を扱っていましたが、現在は幅広い業種・職種の求人を扱う総合型の転職エージェントになっています。

ご自身の経歴や強みにピッタリの転職エージェント・転職サイトを利用すれば、たくさんの求人が紹介され、転職活動が円滑にすすむはずです。当サイトの情報を活用して、転職エージェント・転職サイトの最新の特徴をつかんでおきましょう。

転職エージェント・転職サイトの特徴について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

転職エージェント・転職サイトの特徴を紹介した記事

希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェント・転職サイトを選ぶこと

事業拠点の有無は、転職エージェント・転職サイトが求人情報を集める営業活動に影響を及ぼすもので、希望の勤務地がある場合、その都道府県に事業拠点を構える転職エージェント・転職サイトを利用することが大切です。

とは言うものの、大手転職エージェント・転職サイトの事業拠点は大都市に置かれ、全ての都道府県にあるわけではありません。

よって、希望する都道府県に転職エージェント・転職サイトの事業拠点がない場合は、北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方(甲信越地方・東海地方・北陸地方)、関西地方(近畿地方)、中国地方、四国地方、九州地方の地方区分に事業拠点がある大手転職エージェント・転職サイトの利用を推奨します。

なお、甲信越地方、北陸地方、四国地方は、大手転職エージェント・転職サイトの事業拠点が少ない状況です。現在、大手転職エージェント・転職サイトでは、甲信越地方は東海地方か関東地方にある事業拠点が、北陸地方は関西地方か東海地方にある事業拠点が、四国地方は中国地方か関西地方にある事業拠点が、担当の拠点となるケースが多くなります。

ちなみに、約164,000件の非公開求人を保有する(2019年10月7日時点)、最大手の転職エージェント「リクルートエージェント」の事業拠点は、東京、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡に計16拠点あります。

「リクルートエージェント」の各拠点(支社)は地域に密着し、地元に本社がある企業の求人、転勤がない仕事の求人を豊富に扱っています。

各地方の求人情報を収集する支社は次のようになっています。

リクルートエージェントの地方・地域別事業拠点
北海道地方の求人
札幌にある事業拠点が対応
東北地方の求人
仙台にある事業拠点が対応
関東地方の求人
東京、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜にある事業拠点が対応
中部地方(甲信越、東海、北陸地方)の求人
さいたま、静岡、名古屋、京都にある事業拠点が対応
関西地方(近畿地方)の求人
京都、大阪、神戸にある事業拠点が対応
中国地方の求人
岡山、広島にある事業拠点が対応
四国地方の求人
岡山、広島にある事業拠点が対応
九州地方の求人
福岡にある事業拠点が対応

エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントを選ぶこと

この項目は、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の方向けの評価基準になります。

エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の方が転職エージェントを選ぶ際の基準として、前述した「希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェント・転職サイトを選ぶこと」の代わりに、「エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントを選ぶこと」を入れています。

評価基準を変えている理由は、ハイクラス求人を探す際、通勤時間や転勤を伴わない仕事にこだわると、どうしても応募可能な求人が少なくなってしまうためです。転職にあたって、勤務地にこだわりたいエグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の方は、この点にご留意ください。

本題に入ります。

転職エージェントの中には、エグゼクティブ・サーチ事業を運営する部署と、転職エージェント事業を運営する部署が併存しているところがあります。

エグゼクティブ・サーチとは
エグゼクティブ・サーチは転職エージェントと同じく、求人企業の要望・要件にあう対象者に求人を紹介し、転職までサポートするサービスです。一方、対象者の探し方は転職エージェントと違います。転職エージェントが求人を紹介する人物は、自ら転職エージェントに登録してくる転職意欲が高い方。エグゼクティブ・サーチは、サーチと言う通り自社データベースの活用のみならず、人脈・情報を駆使して求人企業の要望・要件にマッチする対象者を探し出すのですが、探し出した人物は必ずしも転職に前向きな方ではありません。エグゼクティブ・サーチは転職意向の有無に関わらず、対象者に求人を紹介することになります。

このような転職エージェントに登録すると、転職エージェント社内でエグゼクティブ・サーチ事業の対象者と判断された方には、転職エージェント事業の部署のみならず、エグゼクティブ・サーチ事業の部署からも求人が紹介されます。

利用者にしてみれば、優良な求人に出会う機会が増えることになります。

次にご紹介する通り、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の求人に出会う機会は、多いとは言えません。

このような背景から、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の方は、ハイクラス求人に出会う機会を少しでも増やすことが大切です。

ビジネスの多様化、労働人口の減少からくる深刻な人手不足によって、組織の成果を出すトップマネジメント、ミドルマネジメント、スペシャリストといったハイクラス・ハイキャリア層の転職市場は拡大しています。以前のような35歳転職限界説も聞かなくなりました。

これに伴い、大手転職エージェントではエグゼクティブ・サーチ事業に注力するところが増えているのです。

エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者を採用する企業の活動は、求人自体が少ないうえに公にならないことが殆どなので、少しでも多くのハイクラス求人が集まる環境をつくっていきましょう。

エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

エグゼクティブ・サーチ事業の専門部署がある転職エージェントを紹介した記事

 

あとがき

この記事では、転職エージェント・転職サイトの選び方、探し方と4つの評価基準をお伝えしました。

これらを心掛けていただければ、役に立ち安心して利用できる、素晴らしい転職エージェント・転職サイトと出会えるはずです。

記事でご紹介した通り、世の中には数多くの転職エージェント・転職サイトがあり、当サイトでご紹介していない転職エージェント・転職サイトはたくさんあります。

このような転職エージェント・転職サイトの利用を検討する際もぜひ、4つの評価基準を参考にしていただければ幸いです。

「転職エージェント比較登録・PLUS」の関連記事一覧