転職エージェント比較登録・PLUSへ、ようこそ

転職エージェント比較登録・PLUSにアクセスいただき、ありがとうございます。このWebサイトを運営している転職マネージャーです、どうぞよろしくお願いします。

当サイトは、人材紹介会社が運営する転職エージェント、転職サイトなどの転職支援サービスを活用して、転職成功を目指す転職情報メディアです。

転職マネージャーは3回の転職を経験し、これまで10社以上の転職エージェントとお付き合いしてきました。中途採用する企業側の立場で求職者の方々の面接を担当したこともあります。

現在は中小企業診断士として独立、サービス業を専門に経営支援の仕事をしています。人事領域の仕事では、マネジメント、キャリア開発支援に関する、クライアント企業の研修を受け持っています。

当サイトでは、中途採用する側・される側、そして経営者の側近としての私の経験をベースに、人材サービス業界で働く方にもアドバイスをもらいながら、転職したい人に役立つ情報を共有し、たいせつな選択や判断をお手伝いします。

転職エージェント比較登録・PLUSについて詳しくは、プロフィールをご覧ください。

【案内】転職エージェント比較登録・PLUSの記事

【紹介】転職エージェント比較登録・PLUSの記事

転職エージェント比較登録・PLUSの記事を、3つのカテゴリー別にご案内します。

正社員の転職

正社員の転職」カテゴリーでは、転職エージェント、正社員の転職ノウハウ・知識、地方の正社員転職についての情報を、各記事で解説しています。

看護師の転職

看護師の転職」カテゴリーでは、看護師転職サイト、看護師の転職ノウハウ・知識、地方の看護師転職についての情報を、各記事で解説しています。

保育士の転職

保育士の転職」カテゴリーでは、保育士転職サイト、保育士の転職ノウハウ・知識、地方の保育士転職についての情報を、各記事で解説しています。

目次に戻る

【厳選】転職エージェント、転職サイト

【厳選】転職エージェント、転職サイト

転職エージェント比較登録・PLUSが厳選した転職エージェント、転職サイトを、職種・特徴別地方・地域別にご案内します。

【職種・特徴別】転職エージェント、転職サイトのご案内

次の記事では職種・特徴別に、おすすめの転職エージェント、転職サイトを、比較情報とともに解説しています。

【職種・特徴別】転職エージェント、転職サイト
正社員(スタッフ、ロワーマネジメント)向けの転職エージェント
役員、管理職(トップマネジメント、ミドルマネジメント)向けの転職エージェント
役員、管理職(トップマネジメント、ミドルマネジメント)、正社員(ロワーマネジメント)向けの転職サイト
看護師、准看護師、助産師、保健師向けの転職サイト
保育士、幼稚園教諭向けの転職サイト

人材紹介会社が運営する転職エージェント、転職サイトはそれぞれのサービスに特徴があり、あつかう求人の業種・職種、雇用形態、役職・ポジション、年代などの点で、得意不得意が出てきます。

得意な分野・領域の求人は、あつかう求人の量が多くなり、質が高いものが揃います。

ご自身の希望や経歴・強みにぴったりの転職エージェント、転職サイトを利用することができれば、たくさんの求人が紹介され、転職活動が円滑に進むことになるでしょう。

転職エージェント、転職サイトの利用にあたっては、このようにご自身にフィットする転職エージェント、転職サイトを見つけて、希望がかなう求人に出会う確率を高めるようにしてください。

ご自身にぴったりの転職エージェント、転職サイトを選択するには、事前に情報を集めて、あつかう求人やサービスを比較し、違いや特徴を把握しておくことが大切です。

【地方・地域別】転職エージェント、転職サイトのご案内

地方・地域別に、正社員向けの転職エージェント、看護師向けの転職サイト、保育士向けの転職サイトをご案内します。

転職後の勤務地にこだわりがある方は、人材紹介会社の事業拠点のチェックを忘れてはなりません。

各地にある人材紹介会社の事業拠点には地域の担当者がいて、担当者は日頃から求人を出している組織や施設への訪問、連絡などのコミュニケーションを重ねることで密接なつながりを持ち、求人情報はもちろんのこと、求人の背景や職場環境、上司となる方の人柄など、表に出てこない実情・実態を把握しています。

利用者はこれら情報の提供を受けることで、転職のミスマッチを減らすことができますし、人材紹介会社が保有していない情報が必要となれば、個別に組織や施設に問い合わせてもらえることもあるでしょう。

事業拠点の有無は、このように人材紹介会社があつかう求人に関する情報の広さと深さに影響をおよぼすため、転職後の勤務地にこだわって転職活動をすすめる方は、希望勤務地の都道府県や地方区分に事業拠点がある、人材紹介会社運営の転職エージェント、転職サイトを優先的に利用してください。

ちなみに、大手の人材紹介会社では、北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方(関西地方)、中国地方、四国地方、九州地方の地方区分で営業エリアを分け、各地方にある大都市に事業拠点を構えているところが多くなります。

なお、四国地方は、人材紹介会社の事業拠点が少ない地域です。四国地方の求人は、大手人材紹介会社では中国地方か関西地方にある事業拠点が担当するケースが多くなるでしょう。

【地方・地域別】正社員向け転職エージェント

次の記事では地方・地域別に、一般企業の正社員(役員、管理職含む)向け転職エージェントの情報、ならびに転職市場の動向を解説しています。

【地方・地域別】看護師向け転職サイト

次の記事では地方・地域別に、看護師(准看護師、助産師、保健師含む)向け転職サイトの情報、ならびに転職市場の動向を解説しています。

【地方・地域別】保育士向け転職サイト

次の記事では地方・地域別に、保育士(幼稚園教諭含む)向け転職サイトの情報、ならびに転職市場の動向を解説しています。

目次に戻る

【解説】5分でわかる転職エージェント、転職サイト

【解説】5分でわかる転職エージェント、転職サイト

転職エージェントや転職サイトを運営する人材紹介会社は、転職したい人(求職者)と、人を採用したい企業や組織、施設との間をとりもち、転職を支援するサービスを提供しています。このサービスは、職業紹介事業とも呼ばれます。

職業紹介事業は許可制で、人材紹介会社は厚生労働省(厚生労働大臣)の許可を受けて、職業紹介事業を運営しています。

この職業紹介事業の代表的なサービスである、転職エージェントと転職サイトを、ポイントを絞ってご紹介します。

転職エージェント、転職サイトのサービスの違い、特徴

初めて転職活動する方の中には、転職エージェントと転職サイトの違いに戸惑う方がいらっしゃいます。私も以前は?でした。

特に、転職サイトは言葉の意味する範囲が少し広く、さまざまなタイプのものが存在します。ここでは、転職エージェント、転職サイトのサービスを分類・整理して、違いや特徴を解説します。

転職エージェントとは

転職エージェント」は、転職したい人(求職者)と、社員・職員を採用したい企業や組織との間を取りもち、転職を支援するサービス(職業紹介事業)で、主に一般企業の求人をあつかっています。

サービスを利用する求職者が、経歴やスキル、希望条件を伝えると、「転職エージェント」の担当者(キャリアアドバイザー)から求職者にフィットする求人が紹介され、転職が決まるまで助言や支援が受けられるサービスで、無料で利用できます。

求職者の転職が成功すると、「転職エージェント」を運営する人材紹介会社は、求職者を採用した企業や組織から成功報酬を受け取ります。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、求職者の転職支援を担当する人材紹介会社の社員です(コンサルタント、キャリアパートナーなど別の呼称を使う人材紹介会社もあります)。

キャリアコンサルタントという名称もありますが、キャリアコンサルタントはキャリアコンサルティングの国家資格を持つ人だけが名乗れます(参考:厚生労働省「キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント」)。キャリアコンサルタントの資格を持つ、人材紹介会社の社員もいます。

一般的な転職サイトとは

「一般的な転職サイト」は、求人広告を掲載するWeb広告媒体であって、職業紹介事業ではありません。

ですから「転職エージェント」のように、求職者に担当者(キャリアアドバイザー)がついて、求人が紹介されるといったことはありませんし、求職者は転職サイトに掲載されている求人広告の中から、希望がかなう求人を自分で探し出すことになります。この点が「転職エージェント」との違いです。

Web広告媒体である「一般的な転職サイト」は、一定期間求人広告を掲載する対価として掲載料を受け取ります。

当サイトではこのタイプの転職サイトは紹介していません。この後は、誤解のないように同タイプの転職サイトは、求人広告掲載型転職サイトと表記します。

医療福祉分野の求人をあつかう転職サイトとは

「医療福祉分野の求人をあつかう転職サイト」は、「転職エージェント」と同じく、職業紹介事業であることが多いです。わかりづらいですが、転職サイトと呼ばれることが慣例となっています。

「転職エージェント」との違いは、あつかう求人が医療福祉分野の業種・職種に特化していることだけで、その他は同じサービスとご理解いただいて差し支えありません。

当サイトでは「医療福祉分野の求人をあつかう転職サイト」は、「看護師転職サイト」「保育士転職サイト」をご紹介しています。当サイトでは紹介していませんが、他に「医師転職サイト」や「薬剤師転職サイト」などがあります。

当サイトで「転職エージェント」について触れる場合、「医療福祉分野の求人をあつかう転職サイト」も含んでいるものとご理解ください。

ハイクラス転職サイトとは

ハイクラス転職サイト」は、多数の人材紹介会社が参加する、ハイキャリア層向けの転職支援サービスです。

求職者は「ハイクラス転職サイト」に職務経歴などの情報を一度登録するだけで、たくさんの人材紹介会社のヘッドハンターと接点を持つことができ、スカウトによって求職者にあうハイクラス求人を紹介してもらえます。加えて、企業からのスカウト機能もあります。

「ハイクラス転職サイト」は求職者と、人材紹介会社のヘッドハンター、求人企業とを結びつけるプラットフォームになっており、ヘッドハンターはスカウトして求人を紹介するだけなく、「転職エージェント」のキャリアアドバイザーと同様に、求職者の転職活動のサポートもしてくれます。

こちらの「ハイクラス転職サイト」は、当サイトでご紹介しています。

以上の通り、現在当サイトでご紹介している転職支援サービスは、「転職エージェント」「看護師転職サイト」「保育士転職サイト」「ハイクラス転職サイト」になります。

これらサービスの共通点は、キャリアアドバイザー、ヘッドハンターといった求職者の転職活動を支援する、人材紹介会社の社員がいることです。この人材紹介会社の社員による転職支援サービスが、転職活動の効率化・省力化につながります。

当サイトが厳選した「転職エージェント」「看護師転職サイト」「保育士転職サイト」「ハイクラス転職サイト」については、こちらからご確認ください。

転職エージェント、転職サイトがあつかう求人

転職エージェントや転職サイトがあつかう求人には、大きな特徴が2つあります。

それぞれ解説します。

非公開求人をあつかっている

非公開求人とは、転職エージェントや転職サイトに登録することで紹介してもらえる求人のことです。

転職エージェントが保有する求人のうち、50〜80%が非公開求人になります。

なお、看護師転職サイトや保育士転職サイトの非公開求人の比率は、もう少し低くなります。

膨大な量の求人をあつかっている

人材サービス業界最大手リクルートグループのリクルート社では、国内最大の求人広告掲載型転職サイトであるリクナビNEXTと、国内最大の転職エージェントであるリクルートエージェントを運営しています。

リクナビNEXTとリクルートエージェントがあつかう求人の数を比べると、リクルートエージェントの方が桁違いに多くなります。

ちなみに、2021年10月22日時点のリクナビNEXTとリクルートエージェントの求人数をご紹介すると、リクナビNEXTが掲載している求人数は

51,680

件。一方、リクルートエージェントがあつかう公開求人数と非公開求人数の合計は、

319,343

件です。

転職エージェント、転職サイトの転職支援サービス

転職エージェントや転職サイトのキャリアアドバイザーは、求人の紹介だけではなく、転職やキャリアの相談にも乗ってくれます。

その他にも、転職エージェントを利用すると次のようなサポートが受けられ、転職活動を円滑に進めることができます。

  • 面接や応募書類(履歴書、職務経歴書など)作成のアドバイスがもらえる
  • 求人に応募した組織や施設に対して、強く推薦してもらえる
  • 給与や希望条件、面接日程などの交渉事や調整事を代行してもらえる
  • 職場の雰囲気、面接傾向などの表には出てこない情報を提供してもらえる

このような人材紹介会社の社員による転職支援サービスが受けられる点に、転職エージェントや転職サイトを利用するメリットがあります。

転職マネージャー自身の転職活動を振り返ってみて、転職を成功させるために大切だと思うことは、可能な限り多くの求人情報をあつめて、その中から経歴や希望にあう求人を見つけたらどんどん応募し、その他の部分は極力効率化・省力化すること。

そして内定を得るだけでなく、次のような転職先の具体的な情報を集めて、転職することで今ある問題が解決できるのか・将来の希望がかなうのかを可視化し、未来を変える・夢を実現することにつながる転職かを見極めて判断すること。

転職を成功させるために必要な情報を収集するにあたっては、個人の力だけではどうしても限界があり、求人を出している企業、組織、施設の広く・深い情報が集まってくる環境をつくることが重要になってきます。

この環境を実現するものが、人材紹介会社が提供する転職支援サービスであり、限られた時間の有効活用から転職成功へとつなげるためには、転職支援サービスの利用・活用が不可欠であると転職マネージャーは考えます。

転職マネージャーが転職エージェント、転職サイトの利用・活用をすすめる理由は、ここにあります。

転職エージェント、転職サイトの仕組み

転職活動をサポートしてくれる転職エージェント、転職サイトですが、紹介料・利用料などの料金は掛かりません。無料で利用できるのです。

仕組みを簡単にご紹介します。求職者の転職が成功すると、転職エージェントや転職サイトを運営する人材紹介会社は、求職者を採用した組織や施設から成功報酬をもらうことになっています。その額は、人材紹介会社によって多少の違いはありますが、転職した人がもらう年収の20〜30%相当。

もちろん、求職者の年収から成功報酬が差し引かれるわけではありませんので、ご安心ください。このような仕組みによって、求職者は便利なサービスを無料で利用できるのです。

また、人材紹介会社には、転職した人が数ヶ月といった短期間で退職してしまうと、受け取った成功報酬の何割かを組織・施設に返金する返戻金へんれいきんの制度があります。

そのため、目指すことは求職者、中途採用する組織・施設、人材紹介会社の三者が満足する転職。人材紹介会社の社員は、求職者の経歴やスキル、希望条件と、中途採用する組織・施設の要望・要件がマッチする求人を探しだし、求職者にフィットする求人を紹介するよう努めます。

転職エージェント、転職サイトの利用の流れ

転職エージェントや転職サイトを利用するには、登録が必要です。登録方法は、それぞれの公式サイトへアクセスし、登録ページの入力フォームにプロフィールや簡単な職務経歴、希望条件などの情報を入力します。

登録後には、求人の紹介や転職活動サポートなどの転職支援サービスが受けられるようになります。

求人を紹介された求職者は、興味がない求人は断り、希望がかなう求人があれば応募し、書類選考、面接、内定、転職とすすみます。

転職エージェント、転職サイトを利用して転職活動をすすめる場合、転職までの流れは次のようになります。

転職の流れについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

以上となります。

目次に戻る