比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】の画像

こんにちは、転職マネージャーです!

この記事では、20代・30代・40代・50代といった世代を中心に、あつかう求人のエリアや業種・職種も踏まえながら、おすすめの転職エージェントを比較形式やランキング形式でご紹介します。

深刻な人手不足、ビジネスの多様化を背景に、転職市場は活況です。これにともなって転職エージェント(人材紹介会社)の活動も活発で、最近はWeb広告やテレビCMなどでさまざまな転職エージェントを目にする機会が増えてきました。

いろいろな転職エージェントを知る機会が増え、私たちの選択の幅が広がるのはうれしいことですが、少し困ったことも出てきています。

「転職エージェントってたくさんあるけど、違いはなに?」
「転職エージェントって、どう選べばいいの?」
「人気の転職エージェントは、どこ?」

転職エージェントを使ったことがない方にとって、選ぶ基準がわからないと少し混乱する状況と言ってもいいでしょう。

記事では、このようなお悩みやお困りごとがある方に向けて、転職エージェントの選び方と基準を解説し、その基準をもとに転職エージェントを比較形式、ランキング形式でご紹介します。

あわせて、転職エージェントの仕組みや、転職マネージャーが自身の転職活動で得た転職エージェント活用の秘訣など、はじめて利用する際に参考になる情報もお伝えしていきます。

それでは、ランキングの結果から見ていきましょう。

おすすめ転職エージェントランキングTop6

おすすめ転職エージェントランキングTop6をご紹介します。

好条件の求人が充実し、転職相談や面接対策、待遇交渉などの手厚いサポートが受けられる転職エージェントの紹介を目的に、私自身の転職エージェント利用経験、人材サービス業界での評判も参考にしながら、評価が高い転職エージェントをリストアップしました。

ランキングは、サービスレベル、求人の多様性、対応エリア、個人情報保護の取り組み姿勢といった基準をもとに判断しています(リストアップとランキングのくわしい根拠・基準については、後ほど転職エージェントの選び方で解説します)。

JACリクルートメント

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】JACリクルートメントの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】JACリクルートメントの画像

JACリクルートメントは、30代・40代・50代の求人に強く、スキルや技術を活かせる求人、高い職位の求人、高年収の求人を探している人の心強い味方になってくれる、ハイキャリア層・中高年層向けの転職エージェントです。

求職者のキャリア相談に積極的に対応するなど、手厚いサポートは利用者からの評価が極めて高く、大企業や多国籍企業など日系・外資系の優良企業への転職、専門職・スペシャリストや管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部の転職では絶対的な存在です。

 JACリクルートメント評価
9.6 out of 10 stars (9.6 / 10)
求人が豊富な世代30代前半30代後半40代前半40代後半50代前半
求人が豊富な地方関東甲信越東海関西中国海外
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
利用料無料
公式サイトJACリクルートメント

 

リクルートエージェント

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】リクルートエージェントの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】リクルートエージェントの画像

リクルートエージェントは、20代・30代・40代の求人に強く、一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まで幅広い求人をあつかう、世代・地域・業種・職種オールラウンドに強い最大手転職エージェントです。また、2018年に当サイト経由での登録者数が最も多かった、一番人気の転職エージェントでもあります。

10万件以上ある非公開求人は他を圧倒し、他の転職エージェントに比べると頭抜けて多くの求人を紹介してくれます。

 リクルートエージェント評価
9.6 out of 10 stars (9.6 / 10)
求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半40代前半40代後半
求人が豊富な地方北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
利用料無料
公式サイトリクルートエージェント

 

マイナビエージェント

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】マイナビエージェントの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】マイナビエージェントの画像

マイナビエージェントは、20代・30代の求人に強く、若年層・第二新卒の転職では最も期待できる転職エージェントです。

求職者の希望と意思を大切にする転職支援サービスに定評があり、細やかな面談によって自分では気付きづらい強みを引き出しながら、自己PR作成や応募書類作成、面接対策を指導してくれます。

 マイナビエージェント評価
9.4 out of 10 stars (9.4 / 10)
求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半
求人が豊富な地方北海道関東東海関西九州
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ不動産、建築、土木、設備
利用料無料
公式サイトマイナビエージェント

 

パソナキャリア

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】パソナキャリアの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】パソナキャリアの画像

パソナキャリアは、20代・30代・40代の求人に強く、関東、東海、関西、中国、九州地方の都市部の求人が豊富な、人材サービス業界大手パソナグループの転職エージェントです。

自己PR作成や応募書類作成、面接対策の指導など転職支援サービスが充実し、幅広い業種・職種の求人に対応し、ハイキャリア・中高年層の転職にも力を入れています。

 パソナキャリア評価
9.3 out of 10 stars (9.3 / 10)
求人が豊富な世代20代後半30代前半30代後半40代前半40代後半
求人が豊富な地方関東東海関西中国九州
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
利用料無料
公式サイトパソナキャリア

 

dodaエージェントサービス

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】dodaエージェントサービスの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】dodaエージェントサービスの画像

dodaエージェントサービスは、20代・30代・40代の求人に強く、全国47都道府県の求人・転職に対応する、売上高2位の大手転職エージェントです。

さまざまな業種・職種の、一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まで幅広い求人をあつかっていて、多くの求人を紹介してくれます。

 dodaエージェントサービス評価
9.3 out of 10 stars (9.3 / 10)
求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半40代前半
求人が豊富な地方北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職
利用料無料
公式サイトdodaエージェントサービス

 

type転職エージェント

比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】type転職エージェントの画像比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】type転職エージェントの画像

type転職エージェントは、20代・30代の求人に強く、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の求人に特化する転職エージェントです。

IT業界、通信業界、Web業界、コンサルティング業界の求人が豊富で、IT・Webエンジニア、プロジェクトマネージャ、デザイナー、クリエイター、営業、マーケティング、事業企画、人事、経理、コンサルタント、アナリストなど、さまざまな職種の求人を紹介してくれます。

 type転職エージェント評価
9.1 out of 10 stars (9.1 / 10)
求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半
求人が豊富な地方関東
求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア
利用料無料
公式サイトtype転職エージェント

 

この後は、「転職エージェントの選び方」をお伝えします。

お急ぎの方、今すぐランキングTop6の転職エージェントを比較して詳細を確認したい方は、こちらからどうぞ!

 

転職エージェントの選び方

たくさんある転職エージェント(人材紹介会社)をどのような基準で評価し、選んだのか、転職エージェントの選び方をお伝えします。

転職エージェントの数

日本全国には、どのくらいの数の転職エージェントがあるかご存知でしょうか?

人材紹介の事業を行うには厚生労働省(厚生労働大臣)の許可が必要で、その厚生労働省の2019年3月の発表によれば、民営の有料職業紹介事業所数は、全国に20,783事業所あります(※注:2019年10月1日に確認した厚生労働省職業安定局の情報によれば、「平成29年度職業紹介事業報告書の集計結果」は、集計に一部誤りがあったため、再集計を行なっているとのことです)。

転職エージェントは厚生労働省による分類で「有料職業紹介事業」となり、呼称は違いますが人材紹介会社、人材バンク、転職支援サービスなども同じ分類になります。

転職エージェントを利用したことがない方が、この膨大な数の中からご自身にフィットする転職エージェントを見つけ出すことは、簡単ではなさそうですね。

転職エージェントを利用する際の留意点

転職マネージャーはこれまで3回の転職経験があり、30代後半・40代前半の転職活動では、主に転職エージェントを利用して活動をすすめ、10社以上の転職エージェントを利用しています。

利用前には、自分の職歴や経験・スキル、希望にフィットしそうな転職エージェントを探すため、さまざまな転職エージェントを比較・検討し、比べた数は30社近くになるでしょう。

そして、転職エージェントから紹介された複数の企業から内定・内々定をもらうことができました。

とは言うもののじっくり比較・検討したうえで転職エージェントに登録したつもりでも、私の履歴・経歴から「ご紹介できる求人案件がございません」といった内容のメールが送られてきたこともあれば、こちらがメールを送っても一切返信をよこさない転職エージェントに登録してしまったこともあります。

求人を紹介してもらえないのはまだ良い方で、大切な個人情報を預けた後でいい加減な仕事をされると、転職エージェントに登録したことを後悔することになります。

このような背景もあって、当サイトでは求人情報や転職支援サービスの評判や特徴のみならず、個人情報保護の取り組み姿勢、社員のやる気も評価軸に加え、転職エージェントを選ぶ基準としました。

転職エージェントを選ぶ4つのポイント

転職エージェントのリストアップ、ならびに先ほどご紹介したおすすめ転職エージェントランキングTop6は、次の1と2の情報をベースに、中小企業診断士である転職マネージャーが、転職エージェント各社の企業情報も含めて比べ、評価したものになります。

  1. 転職エージェントで現在働いている方・以前働いていた方にインタビューを実施、そこから得た転職エージェント各社の評判と特徴
  2. 転職マネージャー自身が転職エージェントを利用して転職活動した経験と感想

評価の基準は次の4点を重視、これにサービス面の評価を加味し、計29項目から判断しています。

転職エージェントを選ぶ4つのポイント
  1. 個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶこと
  2. 経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェントを選ぶこと
  3. 希望する分野の多様な求人を豊富に持っている転職エージェントを選ぶこと
  4. 希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェントを選ぶこと

4つのポイントについて簡単にご説明します。

個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶこと

転職エージェントを運営する人材紹介会社は大切な個人情報を取扱います。

そのため当サイトでは、人材紹介会社の個人情報保護への取り組み姿勢を重く見ています。

当サイトではその姿勢を判断する基準としてプライバシーマークを用い、プライバシーマークを取得している企業が運営する転職エージェントをご紹介しています。

プライバシーマークとは
プライバシーマークとは、個人情報保護についての体制・運用が、適切であると認定された事業者に付与されるマークのことです。

経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェントを選ぶこと

人材紹介会社はサービス業ですから、提供する人によってサービスレベルに多少の差が出ることは想定しておかなければなりません。

そこで、このような問題の発生を未然に防ぐために社員教育に力を入れ、サービスレベルや能力の標準化につとめ、社員のやる気を引き出す環境作りに注力する人材紹介会社を選ぶことが大切です。

とは言え、個人でこのような情報を集めることは簡単ではありません。代わりに、当サイトが収集し評価した情報を参考にしていただければと思います。

希望する分野の多様な求人を豊富に持っている転職エージェントを選ぶこと

勤務地となる都道府県、20代前半・20代後半・30代前半・30代後半・40代前半・40代後半・50代前半・50代後半といった世代、IT・医薬品・金融といったさまざまな業種、営業・エンジニア・人事といったさまざまな職種など、人材紹介会社には得意な分野とそうでない分野があります。

得意分野の求人は、質が高いものがそろいます。

利用にあたってはこのような特徴を知ることが大切で、そのために当サイトでは転職エージェントの特徴を具体的にご紹介します。

希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェントを選ぶこと

業拠点の有無は、人材紹介会社が求人情報を集める営業活動に影響を及ぼすもので、希望の勤務地がある場合、その都道府県に事業拠点を構える人材紹介会社を利用することが大切です。

とは言うものの、大手の人材紹介会社の事業拠点は大都市に置かれ、全ての都道府県にあるわけではありません。地域をブロック別に分けて、各事業拠点は都道府県よりも大きなエリアを担当する人材紹介会社がほとんどです。

都市によっては地域に根付いた企業が運営する転職エージェントもありますが、どうしても大都市に本社機能がある大企業や優良企業との関係が薄くなり、ここだけの利用では好条件の求人につながる機会が減ってしまいます。

よって、希望する都道府県に人材紹介会社の事業拠点がない場合は、北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方(甲信越地方・東海地方・北陸地方)、関西地方(近畿地方)、中国地方、四国地方、九州地方の地方区分に事業拠点がある人材紹介会社を利用しましょう。

なお、甲信越地方、北陸地方、四国地方は、大手人材紹介会社の事業拠点が少ない状況です。甲信越地方は東海地方か関東地方にある事業拠点が、北陸地方は関西地方か東海地方にある事業拠点が、四国地方は中国地方か関西地方にある事業拠点が、担当の拠点となるケースが多くなります。

 

おすすめ転職エージェントの比較

転職エージェントを選ぶ4つのポイントをふまえて、ランキングTop6のおすすめ転職エージェント(人材紹介会社)を比較しながら、転職支援サービスの特徴を詳しくご紹介します。

はじめに、転職エージェントを比較してみましょう。

転職エージェント比較・一覧表

転職エージェント比較・一覧表は、横方向にスクロールできます。

評価No.1No.2No.3No.4No.5No.6
サービス名JACリクルートメントリクルートエージェントマイナビエージェントパソナキャリアdodaエージェントサービスtype転職エージェント
非公開求人数(注1)約6,100約164,000約20,900約32,100約65,700約9,100
事業拠点19地域(国内9、海外10)16地域9地域6地域10地域1地域
求人が豊富な地方関東甲信越東海関西中国海外北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州北海道関東東海関西九州関東東海関西中国九州北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州関東
電話による面談、相談
応募書類・面接のアドバイス
面談可能日(注2)平日平日、土曜、日曜平日、土曜平日、土曜平日、土曜平日、土曜
個人情報保護
サービスレベル
20代前半の求人
20代後半の求人
30代前半の求人
30代後半の求人
40代前半の求人
40代後半の求人
50代前半の求人
50代後半の求人
営業(注3)
マーケティング・企画
管理・事務
コンサルタント
クリエイティブ
ITエンジニア
ものづくりエンジニア
販売・サービス
メディカル
金融・保険
不動産・建設
エグゼクティブ・管理職
外資系企業
利用料無料無料無料無料無料無料
詳細JACリクルートメントリクルートエージェントマイナビエージェントパソナキャリアdodaエージェントサービスtype転職エージェント

*注1:非公開求人とは、転職エージェントに登録することで紹介してもらえる求人のことで、転職エージェントが保有する求人のうち60〜80%が非公開求人になります。掲載している非公開求人数は、2019年10月7日時点の情報です。
*注2:マイナビエージェントの土曜が面談可能日となるのは、東京のみです。
*注3:「営業」から「外資系企業」までの項目は、各社が注力している分野、もしくは求人情報量が多い分野を、◎○△の3段階で評価したものです。

転職エージェントの比較から見えてくる転職支援サービスの特徴

続いて、先にお伝えした転職エージェント比較・一覧表を補足しながら、転職エージェントの比較から見えてくるランキングTop6の転職支援サービスの特徴を、具体的にご紹介していきます。

No.1 JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイキャリア・中高年層向けのハイクラス求人を得意とする大手転職エージェント。運営する株式会社ジェイエイシーリクルートメントは、国内は9地域、海外にも10地域の事業拠点をかまえる東証1部上場企業です。

JACリクルートメントの会社概要
会社名
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
設立
1988年3月7日
売上高
230.64億円(連結、2018年12月期)
従業員数
1,389名(2018年12月時点)
本社所在地
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング14階
ウィキペディア
ジェイエイシーリクルートメント - Wikipedia
JACリクルートメントがあつかう求人

JACリクルートメントでは、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者、専門職・スペシャリストの求人を豊富にあつかっています。

特筆すべきは、2017年のJACリクルートメントにおける転職決定者のうち、70%以上の方が35歳以上という結果。ハイキャリア・中高年層向け求人の豊富さを物語る結果と言えるでしょう。

加えて、日系・外資系の優良企業や大企業、多国籍企業の求人に強いことも特徴の一つです。

保有する求人の質の高さに定評がある転職エージェントなので、高い職位の求人、高年収の求人、スキルや技術を活かせる求人を探している方は、JACリクルートメントを選択肢から外さないようにしてください。

一方、仕事の経験が少ない20代前半・第二新卒向けの求人は豊富ではありませんので、若年層の方は他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

このような特徴があるため、あらゆる求人をあつかう他社に比べて保有する求人の数は少なくなりますが、対象となる方には十分な量の求人が紹介されますので安心してください。

JACリクルートメントの転職支援サービス

サービスの特徴として、JACリクルートメントの面談は、今すぐ転職したいという方だけでなく、少し先の転職を考えている方の転職相談にも積極的に対応していることが挙げられます。

私も利用したことがありますが、担当者は丁寧で真面目な方ばかりだったので安心して相談することができました。もちろん、無理に転職をすすめられるようなこともありません。

今すぐ転職したいという方だけでなく、先ずは専門家に転職相談してみたいと思っている方も、JACリクルートメントを利用する価値は大いにあるでしょう。

このような転職支援サービスを提供するJACリクルートメントは、利用経験者からの評判がいい転職エージェントとしても知られています。ご参考までにNTTグループの市場調査会社による、転職エージェントを対象にした顧客ロイヤルティ・顧客推奨度の調査結果を共有します。

利用者調査で、最も推奨する転職エージェントとして選ばれたJACリクルートメント
2017年8月、NTTコム オンラインは転職エージェント6社を対象とした顧客ロイヤルティ・顧客推奨度の調査で、JACリクルートメントが最も高い評価となったことを発表しました。調査は直近3年以内に転職エージェントを利用した1,178人に対して行われ、推奨する転職エージェント1位に選ばれたのがJACリクルートメントです。

また、ジェイエイシーリクルートメント社はJACリクルートメントの他に、経営者・役員の方が対象となるエグゼクティブ専門の人材紹介サービス「JAC Executive」も運営。

JACリクルートメントに登録した方の中で、エグゼクティブ求人案件の対象となる方には、「JAC Executive」からも求人情報が紹介される仕組みになっています。

JACリクルートメントの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 JACリクルートメント評価
9.6 out of 10 stars (9.6 / 10)
1 個人情報保護運営するジェイエイシーリクルートメント社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代30代前半30代後半40代前半40代後半50代前半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
4.1 国内事業拠点(9地域)さいたま東京(千代田区)横浜静岡名古屋京都大阪神戸広島
4.2 海外事業拠点(10地域)シンガポールマレーシアインドネシアタイ中国韓国香港ベトナムインド英国
4.3 求人が豊富な地方関東甲信越東海関西中国海外

JACリクルートメントについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や私の体験談をまとめた次の記事を読んでみてください。

JACリクルートメントに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

No.2 リクルートエージェント

リクルートエージェントは売上高1位、これまで45万人以上の転職支援実績もNo.1で、転職ノウハウや求人企業の内情など転職を成功に導く情報を、最も蓄積している転職エージェントです。

リクルートエージェントの会社概要
会社名
株式会社リクルートキャリア
設立
1977年11月28日
売上高
964.63億円(2019年3月期)
従業員数
4,600名(2019年4月1日時点)
本社所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
ウィキペディア
リクルートエージェント - Wikipedia
リクルートエージェントがあつかう求人

10万件以上あるリクルートエージェントの非公開求人は他を圧倒し、利用者は他の転職エージェントに比べて頭抜けて多くの求人を紹介してもらえるでしょう。

たくさんの求人が紹介されると検討したり判断したりする時間が必要になるので、この点は手間になりますが、真剣に転職したい方にとってはうれしい悲鳴です。

私も何度か利用していますが、他社に比べて紹介される求人の量は桁違いに多くなります。

もちろん、紹介した求人への応募をしつこくすすめてくるようなことはありませんので、安心して利用できます。

保有する求人は正社員の一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まで幅広く、世代・地域・業種・職種オールラウンドに強い最大手転職エージェントなので、どなたが利用しても間違いがない転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントの転職支援サービス

担当する社員は親切で熱心な方が多く、Webサイトやスマートフォンアプリによる転職支援など機能面やインフラ面も充実し、サービスレベルは極めて高いレベルにあります。

国内16地域にある事業拠点は転職エージェントでNo.1。各支社は地域に密着し、地元に本社がある企業の求人、転勤がない仕事の求人を豊富に扱っています。

面談では今すぐ転職したいという方だけでなく、将来転職したい方の相談にものってくれるので、ご自身のキャリアや転職について相談したり、市場価値や希望する業界の動向を教えてもらうといった利用方法も可能です。

転職相談を目的にリクルートエージェントに登録してみる、このような利用にも対応している転職エージェントなので、転職のお悩みやお困りごとがある方は、リクルートエージェントに登録して相談してみてください。

リクルートエージェントの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 リクルートエージェント評価
9.6 out of 10 stars (9.6 / 10)
1 個人情報保護運営するリクルートキャリア社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半40代前半40代後半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
4.1 事業拠点(16地域)札幌仙台宇都宮さいたま千葉東京(千代田区)立川横浜静岡名古屋京都大阪神戸岡山広島福岡
4.2 求人が豊富な地方北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州

リクルートエージェントについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や私の体験談をまとめた次の記事を読んでみてください。

リクルートエージェントに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

No.3 マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若年層、第二新卒の転職を得意とする大手転職エージェント。運営する株式会社マイナビはマイナビエージェントの他に、学生向け就職サイトNo.1の「マイナビ」、転職サイトの「マイナビ看護師」「マイナビ保育士」「マイナビ薬剤師」なども事業展開しています。

マイナビエージェントの会社概要
会社名
株式会社マイナビ
設立
1973年8月15日
売上高
1,387億円(2018年9月期)
従業員数
約11,000名(連結、2019年4月時点)
本社所在地
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
ウィキペディア
マイナビ - Wikipedia
マイナビエージェントがあつかう求人

マイナビエージェントが保有する求人には、大きな特徴が2つあります。

1つ目の特徴は地域で、札幌、東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫、福岡に事業拠点あるため、北海道、関東、東海、関西、九州地方の求人が多くなります。

2つ目の特徴は世代で、若年層、第二新卒向けの求人が豊富にあるため、20代・30代の方にイチ押しの転職エージェントです。一方、ハイキャリア・中高年層向けの求人は豊富ではないため、40代以上の方は他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

マイナビエージェントは、新卒採用に関連する事業で構築した企業の人事部門との信頼関係を、若年層の転職に関連する事業にも活かし、現在も成長し続けている転職エージェントです。

北海道、関東、東海、関西、九州地方の求人を探す20代・30代の方は、マイナビエージェントを選択肢から外さないようにしてください。

マイナビエージェントの転職支援サービス

マイナビエージェントの転職支援サービスは評判が良く、細やかな面談によって求職者が自分では気付きづらい強みを引き出しながら、自己PR作成や応募書類作成、面接対策を指導してくれます。

また、求人企業の社風、残業や有給休暇取得傾向などの求人企業の職場環境、面接傾向や採用で重視される点など、公にならない情報の提供も丁寧に行われます。

求人の応募では、求職者の希望と意思を尊重する姿勢を貫いているので、マイナビエージェントを利用する方は主体的に転職活動を進めることができるでしょう。

ハイキャリア・中高年層の転職に強くないため、この記事のランキングでトップにいませんが、若年層、第二新卒向けの転職エージェントとしては間違いなくトップクラス。

はじめての転職でどうしたら良いのかわからない、相談相手もいない20代・30代の方に、マイナビエージェントは手放しでおすすめできる転職エージェントです。

マイナビエージェントの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 マイナビエージェント評価
9.4 out of 10 stars (9.4 / 10)
1 個人情報保護運営するマイナビ社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ不動産、建築、土木、設備
4.1 事業拠点(9地域)札幌東京(中央区、新宿区)横浜静岡名古屋京都大阪神戸福岡
4.2 求人が豊富な地方北海道関東東海関西九州

マイナビエージェントについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や特徴をまとめた次の記事を読んでみてください。

マイナビエージェントに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

No.4 パソナキャリア

パソナキャリアは、パソナグループの大手転職エージェント。グループの幅広いネットワークも活用し、求人情報を収集しています。

パソナキャリアの会社概要
会社名
株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー
創業
1976年2月16日
売上高
3,270億円(連結、2019年5月期)
従業員数
9,317名(連結、契約社員含む、2019年5月時点)
東京(本部)所在地
東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
ウィキペディア
パソナキャリア - Wikipedia
パソナキャリアがあつかう求人

転職エージェントの他、再就職支援や人材派遣、福利厚生代行など、グループとして企業の人事部門や管理部門に深く入りこみ、太いパイプを持った企業から紹介される非公開求人は、質の高さに定評があります。

保有する求人は、幅広い世代・業種・職種に対応しています。

一方、地域の面では関東、東海、関西、中国、九州地方の求人が中心になります。この他の地域の求人を探している方は、他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

パソナキャリアの転職支援サービス

パソナキャリアは再就職支援サービスも得意としています。

このような背景から、転職支援サービスの面では、応募書類作成の助言や面接対策、自己PR等の指導も丁寧で、はじめて転職活動する方も安心して利用できるでしょう。

パソナグループのリソースを活用して、ハイクラス求人も積極的にあつかっているので、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者、専門職・スペシャリストといった重責を担う方も要チェックの転職エージェントです。

パソナキャリアの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 パソナキャリア評価
9.3 out of 10 stars (9.3 / 10)
1 個人情報保護運営するパソナ社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代20代後半30代前半30代後半40代前半40代後半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート金融、保険不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職外資系企業
4.1 事業拠点(6地域)東京(千代田区)静岡名古屋大阪広島福岡
4.2 求人が豊富な地方関東東海関西中国九州

パソナキャリアについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や私の体験談をまとめた次の記事を読んでみてください。

パソナキャリアに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

No.5 dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスは、全国47都道府県の求人に対応する、売上高2位の大手転職エージェント。リクルートエージェントに次ぐ豊富な求人情報量があります。

dodaエージェントサービスの会社概要
会社名
パーソルキャリア株式会社
創業
1989年6月15日
売上高
7,221.83億円(連結、2018年3月期)
従業員数
5,179名(有期社員含む、2019年3月時点)
本社所在地
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F
ウィキペディア
パーソルキャリア - Wikipedia
dodaエージェントサービスがあつかう求人

保有する求人は、正社員の一般職・スタッフ層から、専門職・スペシャリスト、管理職・役職者、エグゼクティブ・経営幹部まで幅広く対応しています。

あつかう求人の業種・職種も多種多様で、一般企業のほとんどの仕事をカバーしています。

弱みを強いて言うなら、外資系企業の求人は豊富とは言えません。外資系企業の求人をお探しの方は、他の転職エージェントの利用を検討しましょう。

dodaエージェントサービスの転職支援サービス

doda(デューダ)というブランドには、転職エージェントと転職サイトのサービスが併存し、dodaエージェントサービスと呼ばれるものが一般に言われる転職エージェントになります。

また、dodaエージェントサービスを運営するパーソルキャリア社は、他に専門分野に特化した人材紹介サービスも運営しています。

dodaエージェントサービス利用者には、これら人材紹介サービスからも求人が紹介される仕組みになっています。

具体的には、エグゼクティブ・管理職の方には「パーソルキャリア エグゼクティブエージェント」から、外国語が堪能な方・外資系企業勤務経験がある方には「Bilingual Recruitment Solutions(バイリンガル・リクルートメント・ソリューションズ、BRS)」から、アパレル・ファッション業界の経験がある方には「クリーデンス」から、あわせて求人が紹介されます。

dodaエージェントサービスの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 dodaエージェントサービス評価
9.3 out of 10 stars (9.3 / 10)
1 個人情報保護運営するパーソルキャリア社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半40代前半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア販売、流通、物流、購買、サービス、カスタマーサポート医療、医薬、バイオ不動産、建築、土木、設備エグゼクティブ、管理職
4.1 事業拠点(10地域)札幌仙台東京(千代田区)横浜静岡名古屋大阪岡山広島福岡
4.2 求人が豊富な地方北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州

dodaエージェントサービスについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や私の体験談をまとめた次の記事を読んでみてください。

dodaエージェントサービスに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

No.6 type転職エージェント

type転職エージェントは、IT・Web業界、コンサルティング業界の求人に強い転職エージェント。得意とする業界、企業に深く入りこみ、さまざまな職種の求人を紹介してくれます。

type転職エージェントの会社概要
会社名
株式会社キャリアデザインセンター
設立
1993年7月8日
売上高
109.76億円(連結、2018年9月期)
従業員数
605名(2018年9月30日現在)
本社所在地
東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル 9F
ウィキペディア
キャリアデザインセンター - Wikipedia
type転職エージェントがあつかう求人

type転職エージェントが保有する求人は、世代で言えば20代・30代、地域で言えば南関東の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の求人が豊富に揃っています。

得意とするIT・Web業界、コンサルティング業界であれば、IT・Webエンジニア、クリエイター、営業、マーケティング、事業企画、管理部門、コンサルタント、アナリストなど多様な職種の求人を紹介してもらえます。

一方、40代以上の求人、南関東以外の求人は豊富とは言えませんので、このような求人を探している方は他の転職エージェントを利用しましょう。

type転職エージェントの転職支援サービス

type転職エージェントは、IT・Web業界、コンサルティング業界への転職支援に力を入れ、IT・Web業界ではインターネット・通信、Web、情報処理サービス、ソフトウェア、ハードウェアなどの企業と深いつながりがあります。

コンサルティング業界では総合系、戦略系、会計系、IT系、人事系、シンクタンク系、事業再生系などのコンサルティングファームと太いパイプを持っています。

これら業界は、異業種からの転職がよくある業界。そして、type転職エージェントが注力する東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県が勤務地となるIT・Web業界、コンサルティング業界の求人は、年収が高い傾向にあります。

IT・Web業界、コンサルティング業界を希望する方はもちろんのこと、異業種転職で年収をアップしたい方もぜひ、type転職エージェントを利用を検討してみてください。

type転職エージェントの「転職エージェントを選ぶ4つのポイント」にもとづく評価は、次の通りです。

 type転職エージェント評価
9.1 out of 10 stars (9.1 / 10)
1 個人情報保護運営するキャリアデザインセンター社はプライバシーマークを取得し、個人情報保護に積極的に取り組む
2 サービスレベル企業として転職ノウハウを蓄積し、求職者を担当する社員の経験、やる気のレベルはかなり高い
3.1 求人が豊富な世代20代前半20代後半30代前半30代後半
3.2 求人が豊富な分野営業マーケティング、営業企画、事業企画、経営企画人事、経理、財務、総務、広報、法務、監査、秘書、事務コンサルタント、監査法人クリエイティブ(Web、ゲーム、デザイン、広告、編集等)ITエンジニア(プログラマ、SE、PM、Web、通信、サーバ、DB、社内SE等)電気・電子・機械・食品・素材・化学エンジニア
4.1 事業拠点(1地域)東京(港区)
4.2 求人が豊富な地方関東

type転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい方は、人材サービス業界の中の人からの評判や私の体験談をまとめた次の記事を読んでみてください。

type転職エージェントに興味をもった方、登録を検討している方は、公式サイトもチェックしてみてください。

 

転職エージェントランキングTop6の特徴について、ご紹介は以上となります。再確認したい転職エージェントがある方は、こちらのメニューからご覧ください。

 

おすすめする転職エージェントとおすすめしない転職エージェント【20代・30代・40代・50代の世代別まとめ】

ここでは、転職エージェント選びに迷っている方に向けて、20代・30代・40代・50代の世代別におすすめする転職エージェントとおすすめしない転職エージェントを、解説していきます。

これまでご紹介した転職エージェントは、エンジニアから営業、人事まで、さまざまな職種をあつかう総合型転職エージェントが揃っています。一般企業の求人であれば、ほとんどの職種の求人を紹介してくれるでしょう。

一方、世代の面から見ると総合型転職エージェントとは言っても、ビジネス経験が少ない若年層や一般職・スタッフ層、第二新卒の求人を中心にあつかうところもあれば、経験豊富なミドル・中高年層やエグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者、専門職・スペシャリストの求人を中心にあつかうところもあり、得意な領域に違いがでてきます。

先ほどは29項目で転職エージェントを比較しながらランキングTop6をご紹介しましたが、ここでは比較から見えてきた特徴をふまえ、世代別に転職エージェントはどこがいいのか、数を絞って具体的にお伝えします。

絞り込む基準は、比較項目29の中に入っている世代別求人の充実度を重視し、これに転職エージェントの人気を基準に加えて評価しました。

判断や選択に迷う時、他の人の行動は気になりますね。このような背景から人気の要素を加え、人気を推し量る基準として、当サイトから各転職エージェントへの登録者数を用いています。

また、厳選してリストアップした転職エージェントであっても、世代という観点からフィットしない転職エージェントもあります。こちらも世代別におすすめしない転職エージェントとして具体的にご覧いただきます。

転職エージェント選びに迷っている方は、こちらのメニューからご自身の世代を選択の上、ご覧ください。

20代の転職エージェント

20代の方に、おすすめする・しない転職エージェントを具体的にご紹介します。

20代の方におすすめしない転職エージェント

JACリクルートメントはランキングNo.1の転職エージェントとしてご紹介し、利用者の評価も高いのですが、ハイキャリア層の求人に注力しています。

よって、JACリクルートメントはビジネス経験が少ない若手の方向けの求人は豊富でないため、残念ながら20代の方には推奨できません。

ただし、若くして管理職や専門職、スペシャリストとしての経験がある方は、優良求人を紹介される可能性がありますので、選択肢に入れても良いでしょう。

20代の方におすすめする転職エージェント

20代の方向けの求人は極めて多く、転職しやすい世代と言えます。

JACリクルートメントを除けば、どこを選んでも間違いありませんが、転職エージェント選びに迷っている20代の方に当サイトがイチ押しするのは、マイナビエージェントリクルートエージェントです。

マイナビエージェントは若年層の求人に特化し、手厚い転職支援サービスに定評があります。リクルートエージェントは世代、地域、業種、職種でオールラウンドに強く、保有する求人情報が業界トップの最大手転職エージェントになります。

なお、20代の方で勤続年数が3年未満の社会人経験が少ない方は、第二新卒として転職できる機会が増えています。第二新卒の求人に力を入れている転職エージェントはマイナビエージェントtype転職エージェント、dodaエージェントサービスになりますので、対象となる方は優先して利用してください。

20代におすすめの転職エージェントランキング

20代前半と20代後半に分けて、転職エージェントをランキング形式でお伝えします。利用に際しては、求人が豊富な地方を確認してから、ご自身の世代の求人が豊富な転職エージェントを選んでください。

20代前半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名20代前半の求人求人が豊富な地方
No.1マイナビエージェント北海道関東東海関西九州
No.2type転職エージェント関東
No.3リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.4dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.5パソナキャリア関東東海関西中国九州
20代後半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名20代後半の求人求人が豊富な地方
No.1リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.2マイナビエージェント北海道関東東海関西九州
No.3type転職エージェント関東
No.4パソナキャリア関東東海関西中国九州
No.5dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.6JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外

利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらから公式サイトをチェックしておきましょう。

 

30代の転職エージェント

30代の方に、おすすめする・しない転職エージェントを具体的にご紹介します。

30代の方におすすめしない転職エージェント

少し前まで言われていた35歳転職限界説も、いまや聞かなくなりました。

30代の方は、当サイトでご紹介する転職エージェントであれば、どこを選んでも間違いないでしょう。

30代は20代とならんで転職市場で求人が豊富な世代と言えますが、企業や組織においては中堅、ベテランと呼ばれ管理職のポジションにつく方が増えてくる世代でもあるので、30代と20代では紹介される求人に違いが出てきます。

世代という観点から推奨できないところはありませんが、管理職の求人という観点で言えばマイナビエージェントtype転職エージェントは、紹介される求人の量はあまり期待できません。

転職後、管理職の立場で仕事にたずさわりたいと考えている方は、他の転職エージェントの利用を検討してください。

30代の方におすすめする転職エージェント

30代前半向けの求人は以前から多くありましたが、最近の転職市場の拡大に伴って管理職・役職者、専門職・スペシャリストの求人が充実し、30代後半の方が魅力を感じる好条件求人が増えています。

このような状況で、転職エージェント選びに迷っている30代の方に当サイトがイチ押しするのは、マネジメント層やスペシャリスト層の求人が特に豊富なJACリクルートメントリクルートエージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラス・ハイキャリア層の好条件求人に強く、日系・外資系の優良企業の求人が豊富にあります。リクルートエージェントは世代、地域、業種、職種でオールラウンドに強く、管理職や専門職の求人も豊富な最大手転職エージェントになります。

30代におすすめの転職エージェントランキング

30代前半と30代後半に分けて、転職エージェントをランキング形式でお伝えします。利用に際しては、求人が豊富な地方を確認してから、ご自身の世代の求人が豊富な転職エージェントを選んでください。

30代前半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名30代前半の求人求人が豊富な地方
No.1リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.2JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外
No.3マイナビエージェント北海道関東東海関西九州
No.4type転職エージェント関東
No.5パソナキャリア関東東海関西中国九州
No.6dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
30代後半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名30代後半の求人求人が豊富な地方
No.1JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外
No.2リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.3マイナビエージェント北海道関東東海関西九州
No.4パソナキャリア関東東海関西中国九州
No.5dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.6type転職エージェント関東

利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらから公式サイトをチェックしておきましょう。

 

40代の転職エージェント

40代の方に、おすすめする・しない転職エージェントを具体的にご紹介します。

40代の方におすすめしない転職エージェント

40代の方は所属する企業や組織でベテランとも呼ばれる世代で、求められるものはマネジメントや専門性です。中途採用を検討する求人企業も、この点は同じです。

企業や組織で一般職・スタッフ層の仕事は豊富にありますが、マネジメント層やスペシャリスト層のポジションは少なく、その結果転職市場にある求人自体も豊富とは言えません。管理職や専門職の求人を扱う転職エージェントは限られてきます。

このような観点から言えば、マイナビエージェントtype転職エージェントは一般職・スタッフ層の求人が豊富で、若年層の転職に注力しています。よって、40代の方が満足できる求人の紹介は少なくなってしまうでしょう。

ランキングTop6の転職エージェントとしてご紹介したマイナビエージェントとtype転職エージェントですが、40代の方は他の転職エージェントの利用を検討してください。

40代の方におすすめする転職エージェント

これまで40代向けの求人は、経営やマネジメント能力を期待するエグゼクティブ・管理職の求人が中心でしたが、人手不足を背景に2017年頃から少し様子が変わり、スペシャリストや専門性を求める求人が増えています。

このような背景から、転職エージェント選びに迷っている40代の方に当サイトがイチ押しするのは、エグゼクティブ・経営幹部、管理職・役職者の求人はもちろんのこと、専門職・スペシャリストの求人も充実するJACリクルートメントリクルートエージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラス・中高年層の好条件求人に強く、日系・外資系企業のエグゼクティブや管理職、専門職の求人が豊富にあります。リクルートエージェントは世代、地域、業種、職種でオールラウンドに強く、エグゼクティブや管理職、専門職の求人も充実する最大手転職エージェントになります。

40代におすすめの転職エージェントランキング

40代前半と40代後半に分けて、転職エージェントをランキング形式でお伝えします。利用に際しては、求人が豊富な地方を確認してから、ご自身の世代の求人が豊富な転職エージェントを選んでください。

40代前半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名40代前半の求人求人が豊富な地方
No.1JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外
No.2リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.3パソナキャリア関東東海関西中国九州
No.4dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
40代後半におすすめの転職エージェントランキング
 サービス名40代後半の求人求人が豊富な地方
No.1JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外
No.2リクルートエージェント北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州
No.3パソナキャリア関東東海関西中国九州
No.4dodaエージェントサービス北海道東北関東甲信越東海北陸関西中国四国九州

利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらから公式サイトをチェックしておきましょう。

 

50代の転職エージェント

50代の方で転職エージェントの利用を考えている方は、選択の余地はあまりありません。当サイトの基準で、50代の方におすすめできるのは、JACリクルートメントだけになります。

 サービス名50代前半の求人50代後半の求人求人が豊富な地方
No.1JACリクルートメント関東甲信越東海関西中国海外

50代の方は、何はともあれJACリクルートメントの利用を検討してみてください。

ご紹介できる転職エージェントが少ないため、ミドル・中高年層向けの求人が豊富なハイクラス転職サイトもご案内します。

ハイクラス転職サイトとは
ハイクラス転職サイトは、転職サイトと転職エージェントの機能をあわせ持つハイキャリア層向けの転職支援サービスです。求職者が匿名でハイクラス転職サイトに職務経歴などの情報を登録すると、情報を見た人材紹介会社のヘッドハンターからスカウトが受けられます。この代表的なサービスが、キャリアカーバービズリーチ。両サービスの特徴や評判を次の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらから公式サイトをチェックしておきましょう。

転職エージェント一覧

 

転職エージェントの仕組みと利用するメリット・デメリット

ここでは転職エージェントの仕組み、利用するメリット・デメリットなどサービスの内容を、転職エージェントを使ったことがない方に向けてご紹介します。

利用経験がある方やお急ぎの方は、ここは読み飛ばしてもらっても大丈夫です、次はこちらをご覧ください。

転職エージェントの役割

転職エージェントは、求職者と求人企業とを結びつける仲介サービスです。

転職エージェントは、求職者と求人企業の間に介在し、求職者の経歴・スキルや希望にあう求人を探し出し、求職者にその求人を紹介することで、転職したい求職者と中途採用したい求人企業を結びつけています。

具体的には求職者が転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザー(求職者の担当者)と面談することになります。

面談後、求職者の経験・スキルや希望を把握したキャリアアドバイザーから、求職者にフィットする求人が紹介されます。

求人を紹介されたら、興味がない求人は断り、希望がかなう求人があれば応募し、面接、内定、転職とすすみます。

転職エージェントがあつかう求人情報

転職エージェントがあつかう求人情報と、企業の採用ページや転職サイトに掲載されている求人情報には大きな違いがあります。

それは、転職エージェントの求人情報は、非公開求人が多数を占めているという点です。当然ながら非公開求人の情報は、転職エージェントに登録しなければ入手できません。

企業が非公開求人とする理由や背景には、次のようなものがあります。

  • 急いで経験やスキルがある人物を採用したい
  • 社内で人材を育成する時間も能力もない
  • 社内外に秘密裡に採用活動を進めたい
  • 中途採用業務を転職エージェントに一任し省力化したい

また、転職エージェントは求人情報量の豊富さも魅力です。

人材サービス業界最大手リクルートグループのリクルートキャリア社では、国内最大の転職サイトであるリクナビNEXTと、国内最大の転職エージェントであるリクルートエージェントを運営しています。

国内最大の転職サイトであるリクナビNEXTと、国内最大の転職エージェントであるリクルートエージェントがあつかうが求人の量を比較すると、リクルートエージェントが桁違いに多くあります。

2019年10月7日時点のリクナビNEXTとリクルートエージェントの求人数をご紹介すると、リクナビNEXTが掲載している求人数は約28,900件。

一方、リクルートエージェントは非公開求人数が約164,000件、公開求人数が約119,100件で、合計の求人数は約283,100件となっています。

転職エージェントのメリット

求人の紹介だけでも転職エージェントは魅力があるサービスですが、他にも利用するメリットがあります。

転職エージェントは、求職者の転職活動が円滑に進められるように、次に紹介するようなサービスを求職者に無料で提供してくれるのです。

転職エージェントに登録する6つのメリット
1.独自に持つ求人企業の情報を提供してもらえる!
求人企業の社風、求人の背景、過去に採用された人物像や採用理由等、一般に入手しづらい求人企業の情報を提供してもらえます。
2.転職活動を円滑に進めるための様々な支援が受けられる!
応募書類への助言、セミナーや模擬面接による面接対策、書類選考での推薦といった形で、転職活動の様々な局面で支援が受けられます。
3.応募書類作成の手間や煩わしさから解放される!
登録した履歴書(キャリアシート)・職務経歴書等の応募書類は、転職エージェントを利用すると使い回せるので、求人応募のたびに作成する手間が省けます。いまだに履歴書は手書きにすべきか賛否両論ありますが、そんなことを気にせずに済むことは本当に助かります。
4.調整事、交渉事を代行し円滑に進めてくれる!
求人企業との面接の日程調整、待遇面の交渉、入社予定日の調整等は、担当者が求職者と求人企業の間に入って調整・交渉し、取りまとめてくれます。
5.自分では気づかない可能性を見出してくれる!
担当者は求職者の経歴や経験・能力、希望を確認し、求職者にとって未経験の業界を含む幅広い求人の中から、求職者にフィットする求人を探し出してくれます。これこそが利用する醍醐味であり、求職者が自分では見つけづらい・気づきづらい転職の可能性を見出してくれるのです。
6.書類選考や面接で落とされたら、その理由を教えてくれる!
担当者から書類選考や面接で落とされた理由を教えてもらえるので、その後の転職活動の改善が可能です。担当者と信頼関係が構築できていれば、かなり具体的に教えてもらえることもあります。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのメリットをご紹介したので、利用する際の留意点やデメリットについてもお伝えします。

転職エージェントはサービス業ですから提供する人によって、サービスレベルに多少の差が出ることは想定しておかなければなりません。

例えば、キャリアアドバイザーが連絡を怠る等、人に起因する問題が出てくることがあります。転職マネージャーも中規模の転職エージェントを利用した際に経験しました。

当サイトでご紹介するような大手の転職エージェントでは、このような経験はもちろんありませんが。

とは言うものの人に起因する問題であれば、企業規模の大小を問わず起こりうるもの。そこで、大手転職エージェントでは社員教育に注力し、サービスレベルや能力の標準化につとめ、社員のやる気・主体性を引き出す環境作りを重視しているのです。

そして、このような取り組みが、問題の発生を未然に防ぐことにつながります。

また、大手転職エージェントでは、万一問題が起こってしまった時の策も講じています。それが求職者の希望によりキャリアアドバイザーを変更できる制度。

多くの大手転職エージェントではこのような制度が存在します。実際に利用することはまず無いものですが、このような制度があれば安心につながりますね。

転職エージェントの料金

これだけ便利な転職エージェントですが、利用料などの料金は掛かりません。無料で利用できます。

仕組みを簡単にご紹介します。求職者の転職が成功すると転職エージェントは、求職者を採用した組織や施設から成功報酬をもらうことになっています。

その額は、転職エージェントによって多少の違いはありますが、転職した人がもらう年収の20〜30%相当です。

もちろん、求職者の年収から成功報酬が差し引かれるわけではありませんので、ご安心ください。このような仕組みによって、求職者は便利なサービスを無料で利用できるのです。

また、転職エージェントには、転職した人が数ヶ月といった短期間で退職してしまうと、受け取った成功報酬の何割かを求人企業に返金する返戻金の制度があります。

ですから、目指すことは求職者、求人企業、転職エージェントの三者が満足する転職。転職エージェントの社員は、求職者の経歴・希望条件と、求人企業の要望・要件がマッチする求人を探しだし、求職者にフィットする求人を紹介するよう努めます。

 

転職エージェントの活用4つの秘訣

転職エージェント(人材紹介会社)の上手な活用方法をご紹介します。具体的には、次の4項目です。

利用経験がある方には常識的な話かもしれませんが、ご留意いただきたいことにも触れていますので、はじめて転職エージェントを利用する方はご確認ください。

転職エージェントの登録数

今すぐ仕事や会社を辞めたい・今すぐ転職したい方じっくり・慎重に転職活動をすすめたい方、それぞれに利用すべき転職エージェントの数をご紹介します。

今すぐ仕事や会社を辞めたい・今すぐ転職したい方

今すぐ仕事や会社を辞めたい方、今すぐ転職したい方はできるだけ多くの転職エージェントに登録し、求人情報の量を確保することが大切です。

とはいえ、在職中の方は転職活動に割ける時間は限られると思いますので、まずは転職エージェント2〜3社に登録し、転職活動を始めてください。

複数の転職エージェントに登録した後、紹介される求人を見て、量が少ない、体力的に余裕がある、応募したい求人が少ないと感じたら、登録数を増やしていきましょう。

退職が決まっている方離職中の方は、なるべく多くの転職エージェントに登録して、求人情報が集まる環境をつくることが大切です。そして、より多くの求人に応募し、1日も早く転職を成功させてください。

じっくり・慎重に転職活動をすすめたい方

転職エージェントを利用する方のなかには、今すぐ転職したい方だけでなく、転職のプロに転職相談してみたい、自分の市場価値を知りたい、どのような非公開求人があるのか確認したいという方もいらっしゃいます。

このようにじっくり転職活動したい方、慎重に転職活動をすすめたい方は、大手転職エージェント1社に登録すれば十分です。

転職意欲が高くなってきたら登録数を増やして多くの求人情報を集め、転職活動を本格化させましょう。

転職エージェントとの付き合い方

転職エージェントは求職者の主体性・やる気を重視しています。

主体性・やる気がある求職者は、転職活動の努力が成果につながりやすいため、転職エージェントは求職者との付き合いが始まる段階では、求職者の主体性・やる気を特にチェックしています。

そして、主体性・やる気がある求職者に対して、転職エージェントのサポートは手厚くなり、求人の紹介が増えていきます。

主体性・やる気は、具体的な行動やスピード感のある行動がともなうことで、相手に伝わりやすくなります。

例えば、転職希望時期。転職エージェント登録時に、Webサイトの登録ページから転職希望時期を入力させる転職エージェントもあれば、面談で確認するところもあります。

このような問いに対して、転職する気持ちが固まっているならば「今すぐ」「すぐにでも」といったニュアンスで、なるべく早い時期の回答が大切になってきます。

また、殆どの転職エージェントの面談では、なぜ転職したいのかとった転職理由が質問されます。

転職理由は、求職者の転職に対する考え方や意欲が表れてくるもの。転職理由は具体的な回答ができるように、どのような問題を解決するために転職という手段を選んだのか、面談前に整理しておきましょう。

主体性・やる気は、相手に見せることが大切。転職エージェントとの関係構築にあたっては、具体的でスピード感のある行動を心掛け、主体性・やる気があることを転職エージェントに印象付けることを意識してください。

言葉や文章にする時には可能な限り5W1H、固有名詞、数字を盛り込み具体化しましょう。

転職エージェントの無料サポート利用

転職エージェントを利用すると、転職の専門家であるキャリアアドバイザー(求職者の担当者)から、さまざまなサポートを無料で受けられることになります。

登録した方は、この特権を利用しない手はありません。

いろいろなサポートサービスを無料で提供してくれる転職エージェントですが、なかでも職務経歴書の作成にあたっては、一度は転職エージェントのキャリアアドバイザーから助言をもらってください。

職務経歴書は履歴書と違い、転職活動することで初めて作ることになる書類で、フォーマットも自由なので、個人差が出やすいものです。

私も中途採用する側の中間管理職の立場で、応募者の職務経歴書を見てきましたが、まとまりがなく長い職務経歴書、心に響かない職務経歴書が意外と多くありました。一方、見やすい印象に残る職務経歴書というものも存在します。

こんなことを言っている私もキャリアアドバイザーの助言を参考に、当初はA4サイズで4枚あった冗長な職務経歴書を整理して2枚に削り、仕事の成果をアピールしやすい体裁に改善できた経験があります。

求人応募にあたって職務経歴書は必須のものであり、書類選考の結果を左右する重要な書類です。複数の転職エージェントに確認したところでは、書類選考の通過率は20%〜30%です。

職務経歴書は転職の専門家の目で、必ずチェックしてもらうようにしましょう。

転職エージェントへのキャリア相談、転職相談

大手転職エージェントが提供するサービスは、求人情報の紹介や転職活動のサポートにとどまりません。

「他に向いている仕事があるのではないか」
「自分のキャリアは今のままで良いのだろうか」
「もっと良い職場環境があるのではないか」
「環境を変えないと成長できないのではないか」

このような、ご自身のキャリアや転職についての悩みや迷いがある方のカウンセリングにも、大手転職エージェントは対応します。

転職エージェントは相談者(求職者)の悩みや迷いと共に、経験・スキルや希望を確認したうえで、相談者の可能性やキャリアプランを一緒に考えてくれます。キャリア相談、転職相談の際に、良い求人があれば紹介もしてくれるはずですよ。

悩みや迷いを独りで抱え込み、時間ばかりが経ってしまった方もいるでしょう。

ご自身のキャリアに関して、悩んで迷って立ち止まってしまう気持ちもわかります。私も実際そうでした。

悩み迷い始めてから、転職活動を始めるまでに1年近く掛かったこともあります。私の場合、未来を変えたい気持ちと後ろめたさのような気持ちが、ないまぜになって悩み迷っていました。

でも振り返ってみて、転職を後悔したことはありません。後悔したのはむしろ悩み迷った時間の方です。

悩み迷う時間というものは本当に辛いものですし、長い間前向きとは言えない時間を過ごすことにもなり、プライベートにも影響を及ぼします。

時間は有限です。キャリアに関する悩みや迷いについて、どうしたら良いのかわからない、相談できる人もいないという方は、転職エージェントの利用を検討してみる価値は大いにあります。

今すぐ転職したいわけではない、具体的な考えもまとまっていないという方も、大手転職エージェントは利用できるので、この点は安心してください。

 

あとがき

転職を成功させて、実現したい夢、変えたい未来はどのようなものですか?

転職したあとのご自身の姿を、ちょっとだけ想像してみてください。夢とか未来とかあまり考えたことがないという方も、ともかく会社・仕事を辞めたいという方も、少しだけ目をつぶって転職することで近い将来ご自身がどうなりたいのかイメージしてみましょう。

たとえば、職場の人間関係に疲れて会社を辞めたいと思ったのなら、素晴らしい上司や同僚と前向きに仕事に取りくんでいるご自身の姿を。

人事異動で希望しない業務を担当することになって辞めたいと思ったのなら、大好きな仕事に熱中しているご自身の姿を。

昇進に不満があって会社を辞めたいと思ったのなら、組織をリードして成果を出しているご自身の姿を。

残業や休日出勤が多すぎて仕事を辞めたいと思ったのなら、大切な時間を楽しく過ごしているご自身の姿を。

転職は、夢を実現する、未来を変えるための手段です。転職するという判断をした方は、たったいま思い浮かべた将来のご自身の姿をいつも心に持ち続け、一日も早く転職を成功させて、実現したい夢、変えたい未来に近づいていきましょう。

この記事で利用してみたい転職エージェントが見つかった方は、こちらの「記事でご紹介した転職エージェント一覧」から公式サイトをチェックしてみてください。

記事でご紹介した転職エージェント一覧