転職エージェントの社員の人ってどんな人?【転職エージェント入門編】

「転職エージェントの社員の人ってどんな人?【転職エージェント入門編】」の画像

こんにちは、転職マネージャーです!

私は今まで、転職経験が3回あり、10社以上の転職エージェントとお付き合いしてきました。
お付き合いした殆どの転職エージェントの社員の方は素敵な方で、女性は元気、男性は紳士といった印象です。
企業ごとに社員の方のカラーに違いがあって、ある転職エージェントでは積極的な人が多かったり、別の転職エージェントでは落ち着いた人が多かったりします。
一方、共通していることもあって、どの転職エージェントの方も人の話を聞くことがうまく、どんどん喋らせてくれます。
この記事では求職者が転職するまでに接することになる、転職エージェントの社員の方2人をご紹介しましょう。

キャリアアドバイザー

ひとりは求職者の担当者です。
多くの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーと呼ばれています。
キャリアアドバイザーは、主に次の仕事をします。

  • 求職者の経験・スキルや希望の確認
  • 求職者のキャリアデザイン、転職に関する相談
  • 求職者への転職に関する情報提供、求人企業の紹介
  • 求職者の応募書類や面接、退職等に関する助言
  • 求職者への面接日、入社日、待遇面等の要望確認

求職者はキャリアアドバイザーと面談や電話、メール等によってコミュニケーションを取りながら、転職活動を進めます。
キャリアアドバイザーとコミュニケーションを活性化させ、信頼関係を構築することが、転職活動を円滑に進めるにあたり肝となります。

滅多にあることではありませんが、相性が悪いキャリアアドバイザーが担当になってしまうこともあります。
そのような場合を想定して、大手の転職エージェントの中には、担当のキャリアアドバイザー変更依頼を受け付ける所もありますよ。
中小の転職エージェントでは、担当者そのものが少なく、担当者を変えることは難しいでしょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーについては次の記事にも書いていますので、あわせてご覧ください。

リクルーティングアドバイザー

もうひとりは求人企業の担当者です。
多くの転職エージェントでリクルーティングアドバイザーと呼ばれています。
リクルーティングアドバイザーは、主に次の仕事をします。

  • 求人企業への定期訪問、情報収集
  • 求人企業の新規開拓
  • 求職者向け求人票の作成
  • 求人企業への人材紹介、応募手続き
  • 求人企業との面接日、入社日、待遇面等の調整

リクルーティングアドバイザーのお仕事は営業に近いですね。

また、求人企業への応募手続きは、リクルーティングアドバイザーを介して行われ、リクルーティングアドバイザーは求職者の応募書類を確認し、求人企業の要件・要望を満たさない求職者をふるいに掛けることもあります。

リクルーティングアドバイザーと求職者が、顔をあわせる機会は少ないと思います。
私がこれまでリクルーティングアドバイザーと会ったのは、内定が出た直後、内定を辞退した時、転職を決心した時ぐらいです。
このように求人企業に対して、お金を請求できるか否か大きな影響をおよぼすタイミングで、リクルーティングアドバイザーが登場することが多いようです。

あとがき

今回は転職エージェントの中で求職者を担当するキャリアアドバイザーと、求人企業を担当するリクルーティングアドバイザーについてご紹介しました。
この記事の他にも、転職エージェント登録・利用にあたって知っておきたい転職エージェントの基礎知識に関する記事をまとめていますので、あわせてご覧ください。

今回はこの辺で失礼します。

関連記事