転職エージェントを利用しない転職活動とは?【転職エージェント入門編】

「転職エージェントを利用しない転職とは?【転職エージェント入門編】」の画像

こんにちは、転職マネージャーです!

この記事では転職活動が初めてという方に、転職エージェントを利用しない転職方法についてお伝えします。
そして、求職者と求人企業それぞれの観点から、転職エージェントを利用しない転職方法の特徴を整理し、ご紹介します。

転職エージェントを利用しない転職方法

先ず、転職エージェントを利用しない4つの転職方法についてお伝えします。

中途採用やキャリア採用の求人広告を見て応募する

転職サイトや新聞、雑誌に求人企業の求人広告が載っています。
求職者は、これら求人広告を見て、自分で応募します。
求人企業は、求人広告を掲載するにあたって広告掲載料金を負担します。
ですが、転職エージェントを利用した場合に支払う成功報酬よりも、通常は高くなりません。

企業が発信する中途採用やキャリア採用情報を見て応募する

求人企業が保有する公式Webサイトやソーシャルメディア等で、中途採用キャリア採用といった形で求人情報が公開されています。
求職者は、これら求人情報を見て、自分で応募します。
求人企業は自社のメディアに掲載するので、求人情報を掲載するにあたって金銭的な負担はありません。

ハローワークが持つ中途採用やキャリア採用情報を見て応募する

ハローワークに行けば、中途採用やキャリア採用の求人情報を閲覧できます。
インターネット接続環境があれば、自宅でも求人情報の閲覧が可能です。
求職者は、これら求人情報を見て、自分で応募します。
求人企業は公的機関を利用するため、求人情報を掲載するにあたって金銭的な負担はありません。

その他の転職方法

その他にも、転職経験がある人が以前所属していた企業に出戻る、友人や知人のコネを使って転職する、といった方法もあります。
能力や性格がわかっている、人物が保証されているということで、採用する企業側も安心でき、簡単に転職できるケースもあるようです。

このような方法で転職する場合、ご自身に対する評価が高ければ転職することは簡単ですが、関係者に依頼する前に、慎重に検討することが大切です。
受け入れる企業の中には出戻りを歓迎しない社員、コネで入ってくる人間を扱いづらいと思っている社員もいるでしょう。
転職の依頼をする前に、その仕事は本当にやりたいことなのか、その仕事を簡単に辞めないか、といったことをじっくりと検討してください。
縁を使った転職が万一失敗すると、ご自身の信頼を失い、人との繋がりが断絶してしまうことにもなりかねません。

転職エージェントを利用しない転職の特徴

最後に、転職エージェントを利用しない場合の転職活動の特徴について、整理します。

求人企業からの観点

先ず、求人企業から見た転職エージェントを利用しない場合の特徴です。
既にお気付きだと思いますが、転職エージェントを利用しない場合、求人企業の金銭的な負担は少なくなります。
にもかかわらず、求人企業はなぜ転職エージェントを使うのでしょうか。
経営資源はヒト、モノ、カネと言われますが、ヒトのためにカネを使う、使わなければならない企業が転職エージェントを利用するのです。
人材が企業成長の源泉と考え人材活用を重視している、社内に人材が乏しく人材を育成する時間がない、効率的に外部から優秀な人材を獲得したいといった企業の事情はもちろん、以前のIT業界のように業界自体が急成長で人手不足に陥っている等、様々な事情があるのです。

求職者からの観点

求職者から見た転職エージェントを利用しない場合の特徴は、求人企業と求職者の間には誰も入らないということになります。
求人情報は自分で探し、求人企業への応募手続き、面接日程の調整、待遇面の交渉等々、すべて求職者自身が求人企業と行います。
簡単に言うと、楽ではありません。
転職エージェントを利用した場合の特徴については、次の記事に詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。

あとがき

今回は転職エージェントの利便性を知っていただくために、転職エージェントを利用しない転職活動の特徴をご紹介しました。
この記事の他にも、転職エージェント登録・利用にあたって知っておきたい転職エージェントの基礎知識に関する記事をまとめていますので、あわせてご覧ください。

今回はこの辺で失礼します。

関連記事