成功につながる転職の3つの準備、3つの心構え【転職理由の整理、家族の説得方法などを解説】

成功につながる転職の3つの準備、3つの心構え【転職理由の整理、家族の説得方法などを解説】

はじめての転職を検討している方に、成功につながる転職の準備と心構えを、具体的に解説します。

転職活動を始めると、いろいろなことが起こりますが、はじめて転職活動をする方が見通しを立てることは簡単ではありません。

この記事では、私の転職活動経験、ならびに中小企業診断士としてのクライアント企業に対するキャリア開発支援の経験をふまえて、成功につながる転職の3つの準備、3つの心構えを解説します。

記事でお伝えする知識と備えがあれば、多くの問題の発生を避けることができ、円滑、円満な転職活動を進められるようになるはずです。

このWebサイトを運営している転職マネージャーです。私は転職経験が3回あり、現在は中小企業診断士として独立、サービス業を専門に経営支援の仕事をしています。当サイトでは私自身の転職活動経験をベースに、人材サービス業界で働く方にもアドバイスをもらいながら、転職に役立つおすすめ情報を共有し、たいせつな選択や判断をお手伝いします。

成功につながる転職の準備

成功につながる転職の準備
成功につながる転職の準備

成功につながる転職の準備について、3つの項目に分けてお伝えします。

転職活動を始める前に、転職理由を整理しておこう

転職活動前には、ご自身の気持ちに向き合い、なぜ転職するのかという転職理由を整理しておくことが大切です。

転職成功の基準は人それぞれですが、自分の中で転職理由の整理ができていないと、転職の目的があいまいになり、転職を決断する際に迷いが出たり、無意味な転職をすることになりかねません。

転職活動をする上で、転職理由はその土台となる大切なものなのです。

転職理由の整理にあたっては、特に次の2点について深く考えることをおすすめします。

転職理由は、転職先を選ぶ基準づくりを意識して、自分の気持ちに正直になって整理しておきましょう。

この後は、「今ある問題が解決できる」「将来の希望がかなう」の2点について説明します。

今ある問題が解決できる

はじめに、今転職したいと思ったきっかけや理由を、ご自身の気持ちに正直になって洗い出してみてください。

転職したいと思ったからには、給与、勤務時間、休日、夜勤、福利厚生、やりがい、スキルアップ、昇進、プレッシャー、職場環境への不満や悩み、イライラ、モヤモヤなど、何かしら問題があるはずです。

このような今ある問題を、近い将来に解決することが転職の目的になるのですから、同じような問題が起こりそうな転職先を選んではいけません。

そのためにも転職活動をすすめる際は、転職先となる企業や組織の具体的な情報を収集し、ご自身にとって問題がない求人を見つけ出すことが大切になってきます。

将来の希望がかなう

今の問題を解決するだけでなく、今後何を大切にしたいのか、何を実現したいのか、といった将来かなえたい希望も、洗い出して整理しておきましょう。

希望は仕事だけじゃなく、「家族と過ごす時間を増やしたい」でもいいのですよ。仕事に関することでも、何でもいいので希望をリストアップしてみてください。

年収を上げる、良い職場環境で働く、といった希望が出てきたら、年収は800万円以上、有給休暇の取得率が80%以上で毎日上司や同僚とコミュニケーションできる場や方法がある職場、といった形で具体的な基準を決めておきます。

そして、リストアップした希望条件の中で、優先順位も決めておきましょう。

転職理由の整理方法

ここからは、転職理由の整理方法を解説します。書き方、例文もご紹介しますので、文章に書いて、転職理由を整理してみましょう。

ちょっと脇道にそれますが、問題と課題の関係をご存知でしょうか?細かい話になりますが、問題を解決する具体的な取り組みが課題です。例を挙げます。

問題と課題(例)
問題
Zという商品を20XX年12月までに発売したいが、Zを開発するために必須のAという技術を扱える社員が当社には極めて少ない。
課題
  1. 技術Aを習得した社員を増やすために、20XX年6月までに、技術Aを習得している人材5名を外部から採用する。
  2. 技術Aを習得した社員を増やすために、20XX年1月から6月までの半年間、選抜した社員5名を外部教育機関の技術A学習プログラムに参加させる。

課題の例として2つ挙げましたが、問題の原因を究明しないと、良い課題につながりません。問題の原因が「社内の人員不足のため、これまで技術Aを習得させる人員配置ができなかった」ということならば、2の選択肢を選ぶことはなさそうですよね。

このように問題を解決する、具体的な取り組みが課題です。

転職理由の書き方も同じです。多くの方が転職理由を問題の形式で整理していますが、課題の形式で整理してみましょう。

前述の課題の例をご覧になってわかるように、課題は「◎◎する」と行動や実践を伴う動詞になるので、物事が未来に向かって具体的に動く、ポジティブな印象を与えます。

一方、問題は多くの場合、「◎◎できない」といった打ち消しの助動詞、「少ない・多い」といった形容詞、「不満・不安」といったネガティブな名詞を伴って表現されます。

例を挙げると、やりたい仕事ができない、自分の夢が実現できない、昇進できない、給与が低い、残業が多い、休みが少ない、上司や同僚と人間関係が悪い、新しい知識や技術を習得できる機会が少ない、非正規雇用であることが不安、など。

これらの問題を解決するための取り組みが課題であり、それが転職理由になるのです。

転職理由の例文をご紹介しますので、参考にして転職理由を書いてみましょう。文章にした方が整理しやすくなるので、試してみてください。

転職理由の例文
問題にフォーカスした転職理由
異動によって◎◎の仕事ができなくなった。私自身の◎◎に関する技術を活かせず、◎◎の新しい技術に触れる機会もない職場で、異動に不満があるため、転職を決意する。
課題にフォーカスした転職理由
異動により◎◎の仕事ができなくなったが、今後も私自身の◎◎に関する技術を活かして、◎◎を便利にするサービスを作っていきたい気持ちがある。このようなことが実現できる環境を求めるため、転職を決意する。

転職活動を始める前に、これまでの業務の棚卸しをしておこう

年単位でも所属部署単位でも構いませんので、転職活動を始める前に、社会人になってからのご自身の仕事を振り返って、業務の棚卸しをしておきましょう。

具体的には、いつ、どこの部署で、どのような仕事をしてきたか、箇条書きレベルでこれまで経験した業務を洗い出します。

私は会社名、事業内容、所属部署、所属期間、職務内容の項目で業務の棚卸しをやっていました。

業務の棚卸し(例)
会社名
ABC123化粧品株式会社
事業内容
化粧品、栄養補助食品の企画・開発・販売
所属部署
販売促進部
所属期間
2015年4月〜現在
職務内容
ブランドや商品の販売促進策の企画・立案・実行、販促物の企画・制作および管理、DMの企画・立案・実行、ブランド別Webサイトの構築・運用およびコンテンツ企画・制作

目標管理制度(MBO)を導入している勤務先で働いている方は、過去の目標管理シートを確認すれば、業務の棚卸しは簡単にできるはずです。

可能な方は、成功体験、失敗体験も振り返り、成功要因、失敗要因まで整理しておきましょう。

年単位あるいは所属部署単位で主にどんな仕事をしてきたのか、そこでの成果、獲得した能力・スキル、成功体験、失敗体験を整理することで、将来求人に応募する際に必要となる、職務経歴書の土台も出来上がります。

加えて、どんな仕事をしている時に夢中になれるのかも、思い出してみてください。成功につながる転職のヒントが、きっと見つかるはずですよ。

転職活動を始める前に、家族の気持ちを確認しておこう

配偶者、両親など、転職に反対するご家族が出てくることはよくあることです。中には転職がきっかけで家族関係が悪化することも・・・。

転職活動をすると決めたなら、少なくとも配偶者の方には報告・連絡・相談をすべきです。

特に、お子さんをはじめとする扶養家族がいる方は、ご家族に勝手な行動と捉えられないようにください。

転職では年収が上がることが多いですが、一方で勤務地、勤務時間、休日の変化もあり得ます。このような変化が、家族におよぼす影響が小さくない場合もありますし、ご自身がよかれと思っていても、家族が大切にしているモノ・コトは違うかもしれません。

ご家族の気持ちを確認した上で、みんなが幸せになれる転職を実現しましょう。

ここで、転職したいと奥さんに相談して反対された元同僚に、私がアドバイスした内容をご紹介します。

元同僚は、転職経験があるということで私を頼ってきたのだと思いますが、私は妻に転職を反対された経験はありません。無下に断るわけにもいかず、私のクライアントである美容サービスの店舗で、顧客が増えた(顧客の気持ちを動かした)方法を応用して伝えたものです。

元同僚は家族の同意を得て転職しましたが、これは一例に過ぎず、誰でも上手くいく方法かはわかりません。お困りの方は、参考にしてみてください。

家族に、転職活動を始めることを納得してもらう

ご家族に転職することを納得してもらうのではなく、転職活動を始めることを納得してもらうようにしてください。

転職することに理解を示すことと、転職活動を始めることに理解を示すことでは、後者のハードルの方が低いのです。先ずは簡単なところ、小さなところから、同意を得るようにしましょう。

具体的には、「転職市場の情報を集めるために、転職エージェントやハローワークを利用してみようかな」といったスタンスで行動に移すのが良いと思います。

そして、転職活動を始めたら、紹介された求人の内容なども含めて、進捗状況の報告をこまめにしましょう。

家族に、転職する場合の譲れない条件を出してもらう

ご家族に、転職する場合の譲れない条件を出してもらうようにしてください。

ご家族は自分が転職するわけではないので、簡単に条件が出てこないかもしれません。そのような場合、「転職先を決める時に、年収、勤務地、勤務時間で優先してほしいものはどれ?」「転職後の年収は、現状維持以上であれば問題はないかな?」といった選択式、はい・いいえで答えられる質問によって深掘りして、具体的に洗い出します。

この条件を転職活動する際の希望条件として、応募する求人を選ぶ際に確認してください。

ご自身で得られる情報で、希望条件を満たす求人かどうか確認できないケースが多い場合は、転職エージェントやハローワークなどの職業紹介サービスを利用しましょう。

家族に、転職理由を理解してもらう

ご家族に、転職理由を理解してもらうようにしてください。転職理由を伝える際には、前述した今ある問題と将来の希望を、2つセットで話すことが大切です。

将来の希望があっても、今なんら問題がないのに転職したいとなれば、リスクをとることの自覚がないと不安がります。今ある問題が解決できても、将来の希望もないのに転職したいとなれば、同じ問題が転職先で起きない保証はないと心配します。

伝える内容はご自身のコトだけでなく、家族のコトも含めて整理しましょう。例えば、「激務で身体を壊しかねない今の環境を変えたい、そして仕事だけでなく家族みんなで過ごす時間も増やしたい」といった内容です。

信頼関係なくしては、人の気持ちを動かすことはできません。しっかりとした転職理由をベースに、家族のことも考えて転職活動をすすめましょう。

目次に戻る

成功につながる転職の心構え

成功につながる転職の心構え
成功につながる転職の心構え

成功につながる転職の心構えについて、3つの項目に分けてお伝えします。

転職活動は、効率化・省力化を心掛け、とにかく求人に応募しよう

転職活動で内定を得るまでに、次のような作業や行動が続きます。

転職を成功させるために大切なことは、可能な限り多くの求人を集めて、その中から希望の求人を見つけてどんどん応募し、その他の部分は極力効率化・省力化することです。

効率化・省力化、求人の応募に分けてお話しします。

効率化・省力化を心掛ける

転職活動では、多くの方が今ある環境を維持しながら、新しい環境を得ようと努力します。残念ながら時間は増えませんので、今の仕事と生活を続けながら、残りの時間を転職活動に使うことになります。

転職活動では、このようにご自身の時間確保が必要になってきます。

仕事の量が多い方、所属する企業で重責を担っている方は、自由な時間を確保することは簡単ではありません。さらに、小さいお子さんがいたりすると、プライベートの時間から転職活動の時間を捻出することが難しくなります。

ですから、特に在職中に転職活動する方は、効率化・省力化を心掛けてください。

頼れるところは頼って、作業や行動を減らしましょう。求人企業の情報収集、求人企業とのさまざまな調整事や交渉事、求人企業の面接対策などは、転職エージェントを利用することで効率化・省力化が実現できます。

転職エージェントが提供する転職支援サービスについて詳しくは、次の記事をご参照ください。

当サイトが厳選した転職エージェントを確認したい方は、次の記事をご覧ください。

とにかく求人に応募する

私の経験から申し上げると、転職したいと思ったら時間を掛けてじっくり取り組むよりも、先に行動してしまった方が上手くいきます。これは転職に限った話ではありませんが・・・。

求人企業を細かく研究・分析して、次は完璧な職務経歴書、自己PR、志望動機をつくって・・・なんてやってると膨大な時間がかかって転職できなくなってしまいます。

中途半端でも60%の出来でもいいので、先ずは求人に応募して、転職活動を始めてしまうことをおすすめします。さすがに準備ゼロの状態で求人企業に応募しても駄目ですが。ここで言いたいことは、完璧を目指さないということです。

頭で考えてばかりいて行動しない人って、結構多いのです。そういう方は、準備に万全を期すべき、失敗したくない、能力が低いと思われたくない、なんて考えていませんか?

行動がなければ、成果は出ません。求人に応募しないことには転職できませんし、改善すべきところも見つかりません。素早い行動、素早い改善が成果につながるのです。

転職活動は、書類選考、面接で落とされてもめげずに継続しよう

転職活動では、書類選考、面接で落とされるなんてことは頻繁にあります。

こんなことがあっても落ち込む必要はないのですが、中には書類選考、面接で落とされるのは、ご自身の能力に問題があるのではないか、と拡大解釈する方がいます。そんな考え方はすぐにやめましょう。

書類選考で落とされた理由は、経験が足りなかった、といった単純なことかもしれません。

私がこれまで転職エージェント社員の方に聞いた話では、転職エージェント経由での書類選考通過率は20%〜30%程度です。複数の転職エージェントで同様の値なので、書類選考を通過すること自体、簡単なことではないのです。

面接で落とされたのは、相性が悪かった、やる気がないように見えてしまった、というレベルの話かもしれません。

私も採用側の立場で、中途採用面接に同席したことがあります。その後、中途採用した人たちの仕事ぶりを見ていると、求職者の能力を短時間で見極めることは難しいものだと思います。

私の経験で言えば、中途採用面接で不採用にしたい人、落としたい人というのは、面接直後に簡単に決められます。

募集した仕事の理解が足りない、説明が具体性に欠けわかりづらい等々。やる気、準備があれば解決できる問題が多く、こういう点は私も上司(部長)も「主体性に欠ける、意欲が足りない」の評価でだいたい一致し、すぐに不採用の判断ができました。

一方、不採用と即断しなかった人の中で誰を通すかという時に、意見が割れるのです。残った人の優劣がつけがたい。

結局、選考の決定権を持っている上司の声が大きくなります。部内の仕事ができる人間と同じ大学・学部だから間違いない、やる気がありそうな顔と声がいい等々、今振り返るとロジックで説明できない理由で、書類選考や面接を通過させていました。私も自信なさげな声だけは、気になりますが。

身も蓋もない話ですが、私が携わった中途採用の選考過程はこんな感じです。

やる気やポテンシャルを感じる部分は人それぞれ違い、誰が権限を持つかで書類選考や面接を通過する人は変わってくるものだと思います。人が人を選ぶのですから、こういうことは当然あるでしょう。だから人事部門の人間も面接に同席していたのですが・・・。

このように相性や運といった要素が、採否を左右することも否定できません。とはいうものの相性と運だけで、採用が決まるわけでもないのが難しいところです。こういう現実を知れば、書類選考や面接で落ちて自信をなくすことが馬鹿馬鹿しくなりませんか?

書類選考、面接で落とされることを、気にしてはいけません。落とされてもめげずに、転職活動を継続することが大切です。

転職活動は、転職の時期・タイミングを見極めよう

いつから転職活動を始めるかはご自身が決めることですが、転職時期に有利不利はあるのでしょうか。答えは「ある」になります。

転職に有利な時期は、有効求人倍率が高い時です。有効求人倍率が高い水準にある時期・地域では、人手不足から売り手市場になり転職しやすくなります。加えて、有効求人倍率の高い時は選択の幅が広がり、好条件の求人が見つかりやすくなります。

逆に、有効求人倍率が低い時は、転職しにくくなります。

有効求人倍率
有効求人倍率とは、ハローワークに登録されている組織や施設からの求人の数と、就職先を探すためにハローワークに申し込んだ求職者の数(就職したい人の数)を比べた時に、求人数が求職者数の何倍になるかを示したものです。計算式は「求人数÷求職者数」となり、求人数が15万件で、求職者数が10万人であれば、求人倍率は1.5倍です。有効求人倍率は、1倍に満たなければ人余り、1倍以上であれば人手不足になります。

厚生労働省が2020年7月31日に公表した、2020年6月の全国の有効求人倍率は次の通りで、求職者1人に対して、1.11件の求人があることがわかります(参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」)。

景気が冷え込んだリーマン・ショック後は、有効求人倍率は下がり、転職しづらい状況となっていました。現在は、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの業種・職種で求人が減少し、転職市場は縮小傾向にあります。

加えて、転職市場は全体を見るだけでなく、転職したい業界が決まっている場合はその業界の景気にも注目しましょう。景気がいい業界は求人数が増えて転職しやすくなります。

ちなみに新型コロナウイルス感染症の影響下でも、求人数が多いと言われているが、医療・医薬品、IT・通信といった業界です。

景気がいい業界がご自身の仕事と無関係の業界でも、興味があるならば簡単に諦めないでください。経験のない業界でも、職種が合えば転職できるケースは多いのです。

転職活動に最適なタイミングについて、季節の観点からも付け加えます。転職市場が大きくなる2000年より前は、就職協定によって新卒採用の季節も決まっていたので、新卒採用時期とかぶる春から夏にかけての一定期間は、企業側の中途採用活動が落ち着く傾向にありました。

その後、新卒採用の方法に変化があり、転職市場の拡大とともに転職が一般化して企業の人事部に中途採用担当者が置かれるようになり、現在では年間を通じて中途採用に対応するようになっています。

よって企業から求人情報が出てくる時期も、概ね平準化されてきています。

求人情報が増える時期を強いてあげれば、期が始まる4月1日、10月1日に入社して欲しいという企業もあるため、この2〜3ヶ月前ぐらいから求人情報が多少増える傾向があります。

ボーナス(賞与)支給と転職のタイミング

転職することでボーナス(賞与)支給が不利にならないようにしたい方は、勤務先に退職意思を伝えるタイミングはボーナス支給日よりも後にするほうが無難です。

ボーナスは、支給日前の一定期間の評価にもとづいて支給する企業が多いものですが、支給日に退職している・支給日前に退職の意思を伝えているなどの場合、企業によってはボーナスが支給されなかったり、減額される恐れがあります。気になる方は、勤務先の就業規則や賞与規程、給与規程、賃金規程などを確認しておきましょう。

また、支給停止や減額がなくても、退職が賞与の評価・査定に悪影響をおよぼすケースは多いものです。ボーナスは全体で支給できる額(原資)を決めて、目標管理などの評価にもとづいて割り振りますが、今後も残って働く社員の評価を良くしたいと思う管理職がいても不思議なことではありません。

当サイトでは、地方・地域別の転職エージェント紹介とともに、地域の有効求人倍率、地域の経済動向などの転職に関係する情報をまとめています。気になる方は以下のリンクから、ご確認ください。

北海道地方の転職関連情報

東北地方の転職関連情報

関東・甲信越地方の転職関連情報

東海・甲信越地方の転職関連情報

近畿・北陸地方の転職関連情報

中国・四国地方の転職関連情報

九州・沖縄地方の転職関連情報

目次に戻る

あとがき:成功につながる転職の3つの準備、3つの心構え【転職理由の整理、家族の説得方法などを解説】

この記事では、次の2つのポイントから、成功につながる転職について解説しました。

  1. 成功につながる転職の準備
  2. 成功につながる転職の心構え

転職活動を始めると、いろいろなことが起こりますが、知識と備えがあれば、多くの問題の発生を回避できます。記事でお伝えした内容を実践し、円滑、円満な転職活動を進めてください。

最後にこの記事と同じ、「転職のノウハウ、知識」に関する記事をご紹介します。

転職活動でたくさんのチャンスに恵まれますよう、お祈りいたします!

目次に戻る