転職エージェントのよくある質問(FAQ)【転職エージェント入門編】

「転職エージェントのよくある質問(FAQ)【転職エージェント入門編】」の画像

こんにちは、転職マネージャーです!
この記事では転職エージェントのよくある質問(FAQ)をご紹介します。

転職エージェントを使ったことがない方は、転職エージェントの利用に不安や疑問が多いもので、実は私も転職エージェント利用前には何点か不安や疑問がありました。
幸い転職エージェントで働いていた友人がいたので、いろいろ教えてもらって不安や疑問を解消しました。

また、私は転職経験者として元同僚や部下から以前の上司まで転職の相談にのることがあるのですが、転職未経験の方にとって転職エージェントとは?どのようなサービスかわかりづらいようです。

そこで、昔の私が転職エージェントについて不安や疑問に思っていたことを中心に、転職経験者としてこれまで質問されたことを加えて、転職エージェントのよくある質問をまとめてみました。
転職エージェントとはどのようなサービスか知りたい方、転職エージェント利用にあたって不安や疑問がある方は、ぜひご一読いただければと思います。

転職エージェントの仕組み・特徴について

転職エージェントの仕組み・特徴について、よくある質問(FAQ)をご紹介します。

転職エージェントの仕組み・特徴についての質問

転職エージェントの仕組み・特徴についての回答

Q. 転職エージェントとは、どのようなサービスですか?
A. 転職エージェントとは、転職したい人(以下、求職者)と、社員を採用したい企業(以下、求人企業)とを結びつけるサービスです。簡単に言うと仲介です。求職者が転職エージェントに登録すると、求人企業の求人情報が紹介されます。求職者は希望にそう求人情報があれば応募し、書類選考、面接、内定と進みます。転職エージェントは応募から内定まで、全てのステップに介在し求人企業との調整や交渉をやってくれます。なお、転職エージェントは、転職支援サービス、人材紹介サービス、人材バンクといった別の呼称を使われることがありますが、これらのサービスの内容は同じものです。
Q. 転職エージェントは、どのような求人情報を持っているのですか?
A. 企業のWebサイトの採用ページや転職サイトに掲載されている求人情報との大きな違いは、転職エージェントの求人情報は非公開のものが多数を占めているという点です。非公開となる背景や理由の代表的なものには、次のようなものがあります。急いで特定の経験・スキルがある人物を採用したい、社内で人材を育成する時間も能力もない、社内外に秘密裡に採用活動を進めたい、中途採用にかける体力を省力化したい等。保有する求人情報の量も転職サイトに比べると桁違いに多くあります。
Q. 転職エージェントを利用するメリットには、どのようなものがありますか?
A. 転職エージェントには、非公開の求人情報が大量にあります。これらの情報は原則転職エージェントに登録しなければ閲覧できない情報で、求職者はこれら求人情報の中から、求職者の希望にそう求人情報を紹介してもらえます。加えて、転職エージェントが独自に持つ求人企業の情報を提供してもらえる、応募書類・面接の助言など転職活動を円滑に進めるための様々な支援が受けられる、求人企業との調整事や交渉事を転職エージェントが代行し円滑に進めてくれる、転職エージェントは書類選考や面接で落とされたらその理由を教えてくれる等々、様々なサポートやサービスを無料で提供してもらえます。
Q. 転職エージェントは、なぜ無料で利用できるのですか?
A. 私も転職エージェントに登録する前は、これだけ便利なサービスがなぜ無料で利用できるのか不思議でした。何か裏があるんじゃないだろうかと。答えは単純な話で、転職エージェントのビジネスモデルなのです。転職エージェントは転職したい求職者と、社員を採用したい求人企業とを結びつける仲介サービス。求職者の転職が決まれば、転職エージェントは求人企業から成功報酬を受け取ります。求職者の年収から成功報酬が差し引かれるわけではありませんので、ご安心を。という事で、転職エージェントは求職者から利用料を受け取る必要がなく、求職者は転職エージェントを無料で利用できるのです。
Q. 転職エージェントは、転職サイトと何が違うのですか?
A. 転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、転職サイトは求職者と求人企業を仲介しないという点です。転職サイトは、求人企業の広告を掲載しているのです。日曜日の日本経済新聞に掲載されている求人広告と位置づけは同じなので、転職サイトでは求職者に担当者がつくことはありません。一方、転職エージェントは求人企業から成功報酬をもらうビジネス。求職者が求人企業に魅力を感じて応募し、求人企業が求職者を面接して採用決定しなければ、転職エージェントにはお金が入ってきません。求人企業からすれば転職が決まらなければ費用は発生しません。そのため、転職エージェントは多くの求職者の希望にそうためにたくさんの求人情報を集め、求職者が転職しやすい環境を作るといったことが重要になってきます。転職サイトと転職エージェントで、無料サービスの有無や求人情報量に違いがあるのは、ここに起因しているのです。
Q. 転職エージェントは、エグゼクティブサーチと何が違うのですか?
A. エグゼクティブサーチはヘッドハンティングとも言われ、企業の要望・要件に合致した人物を探し出し、声を掛け、交渉し、転職までフォローする仕事です。簡単に言うとスカウト、引き抜きです。転職エージェントとの違いは、転職エージェントは転職したい人が自らの意思で登録し求人情報の紹介を受けますが、エグゼクティブサーチはご自身に転職の意向が有るか無いかに関係なく、対象となった方は求人情報を紹介され転職の勧誘を受けることになります。詳しくは次の記事をご覧ください。
エグゼクティブ・管理職の転職・求人に強い!おすすめ転職エージェント比較ランキング
Q. 転職エージェントは、再就職支援サービスと何が違うのですか?
A. 再就職支援サービスは、希望退職や解雇など雇用調整を行う企業と再就職支援サービスを提供する企業が契約し、その企業を辞めることになる対象者に再就職先を紹介したり、再就職を支援するための助言や教育を行うサービスです。転職エージェントとビジネスモデル上の大きな違いは、雇用調整を行う企業と再就職支援サービスを提供する企業が契約することで、求人企業の費用負担がないという点です。
Q. 転職エージェントは、人材派遣サービスと何が違うのですか?
A. 転職エージェントは求人企業と求職者を結びつけ、企業と求職者は雇用契約を結びます。一方、人材派遣サービスでは、この雇用契約の結び方が変わってきます。人材派遣サービスにおいても企業は働いてくれる人を探しているのですが、働く人は企業と雇用契約を結ぶのではなく、人材派遣サービスを提供する会社と雇用契約を結ぶのです。そして人材派遣サービスを提供する会社は派遣元となって、派遣先となる企業へ働く人を派遣し、働く人は派遣先の企業で仕事をします。

転職エージェントの登録について

転職エージェントの登録について、よくある質問(FAQ)をご紹介します。

転職エージェントの登録についての質問

転職エージェントの登録についての回答

Q. 登録をおすすめする転職エージェントはどこですか?
A.おすすめの転職エージェントは求職者の方の希望や経験、経歴、スキル、能力、属性、環境等によって異なるもので、一概に言えるものではありません。このWebサイトでは個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントであることを前提に、世代・業界・職種・勤務地・ポジション等の条件ごとにおすすめの転職エージェントを比較ランキング形式で紹介しています。詳しくは次の記事をご覧ください。
比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】
エグゼクティブ・管理職の転職・求人に強い!おすすめ転職エージェント比較ランキング
Q. 転職エージェント登録にあたって、転職エージェントの選び方を教えてください。
A.このWebサイトでは次の4点を重視し、その他に求職者の利便性といった要素を判断基準に加えて、おすすめの転職エージェント・転職サイトを選んでいます。1.個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェント・転職サイトを選ぶこと、2.経験・知識が豊富で、やる気あふれる社員が多いサービスレベルの高い転職エージェント・転職サイトを選ぶこと、3.希望する分野の多様な求人を豊富に持っている転職エージェント・転職サイトを選ぶこと、4.希望の勤務地がある場合、その周辺に事業拠点がある転職エージェント・転職サイトを選ぶこと。詳しくは次の記事をご覧ください。
転職エージェント・転職サイトの選び方、探し方で大切な4つの評価基準
Q. 転職エージェントの登録方法を教えてください。
A. 転職エージェントに登録するには、転職エージェントの公式サイトにアクセスして、氏名、住所、連絡先、学歴、経歴、年収などの個人情報や、転職希望時期、希望勤務地などの希望条件等の情報を、公式サイトの登録ページに入力します。パソコン、スマートフォン、タブレットなどインターネット接続環境があれば、いつでもどこでも登録できます。詳しくは次の記事をご覧ください。
転職エージェント登録から転職エージェント面談までに準備すべきこと【転職理由・職務経歴書・自己PRの整理】
Q. 転職エージェントに登録を断られることはありますか?
A.正確には登録を断られるというよりも、紹介できる求人情報を持っていないという連絡がくることがあります。私もこのようなメールの連絡を受け取った経験がありますが、これは転職エージェントが登録した方の経歴や希望に合う求人を持っていない場合に起こるようです。利用するメリットが多い転職エージェントですが、誰にでも求人情報を紹介できるわけではないのです。このようなこともあるので転職エージェント登録にあたっては、転職エージェント毎の得意・不得意といった特徴を知ることが大切です。
Q. 複数の転職エージェントに登録しても問題ありませんか?
A.もちろん問題ありませんよ。特に役職者・管理職以上のポジションで転職を希望する方は、役職がないポジションで転職を希望する方よりも、求人情報が少なくなってきます。組織はピラミッド構造、上のポジションほど数が減るので、役職者・管理職以上のポジションで転職を希望する方は、求人情報の量を確保するために複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。
Q. 転職エージェントの登録・利用に向いていない人はいますか?
A.これまでのご自身の経歴を無視するような大きなキャリアチェンジを望んでいる方にとって、転職エージェントは不向きなサービスと言えます。転職エージェントは、ご自身に適性のある求人情報、つまり経験・スキル・能力等に合致する求人情報の紹介が中心になります。求職者のやる気はもちろん大切ですが、適性があることが前提です。例えば、営業職の経験しかない人がWebデザイナーになりたいという希望を転職エージェントに伝えても、求人情報の紹介は難しいものがあります。経験がない職種への転職を希望しても、求人情報が紹介される機会は少ないものと思ったほうが良いでしょう。職種の話をしたので業界の話も補足しますと、業界を変える転職はそれほど難しいものではありません。食品業界の営業職経験者が、IT業界の営業職に転職するなんて話は珍しくもないことです。一概には言えませんが、職種を変える転職は難しく、業界を変える転職はそれほど難しくはないという傾向はあると思います。

転職エージェントの利用について

転職エージェントの利用について、よくある質問(FAQ)をご紹介します。

転職エージェントの利用についての質問

転職エージェントの利用についての回答

Q. 転職エージェントに登録すると、非公開の求人情報は全て閲覧できるのですか?
A. 転職エージェントに登録すると、求職者ごとに担当者がつきます。担当者が求職者の希望条件ならびに経験やスキル・能力を確認し、求職者にフィットする求人情報を紹介してくれます。逆に言えば紹介されていない求人情報は閲覧できませんが、具体的な希望を出すと紹介されることがあります。例えば「「A社のWebマーケティング職の求人はないか?」」といった具合です。以前、一部の大手転職エージェントでは、求職者が転職エージェントの事業拠点に出向くと、パソコンで非公開求人情報を条件検索して閲覧・印刷ができたのですが、現在このようなサービスを提供する大手転職エージェントはないようです。
Q. 転職エージェント登録後、必ず転職エージェントに訪問して面談しなければならないのですか?
A. どこの転職エージェントも面談はありますが、電話での面談が可能な転職エージェントであれば、訪問は必須ではありません。転職エージェントから遠方にお住まいの方、多忙で転職エージェントに訪問できない方向けの対策として、大手の転職エージェントは電話面談に対応しているところがほとんどです。このWebサイトで紹介する転職エージェントも電話面談が可能なので、電話面談を希望する場合はその旨転職エージェントに伝えてください。通常、転職エージェント登録後、転職エージェントから面談の日程調整について連絡が入るので、その回答の中で希望を伝えれば良いでしょう。詳しくは次の記事をご覧ください。
転職エージェントの付き合い方・使い方で大切な2つのこと【転職エージェント面談、求人応募編】
Q. 登録した転職エージェントに、他の転職エージェントも利用していることを伝えて良いものでしょうか?
A. 私の経験では転職エージェントとの初めての面談で、ほぼ全ての転職エージェントから競合他社への登録状況の確認がありました。私は回答で必ず他の転職エージェントに登録していることを隠さずに伝えていました。伝えたことで何か不利になったと感じたことはありません。逆に、競合他社への登録を伝え、そして競合他社で進捗があればまたその状況を伝えたりしていると、結果として競争心をあおることになっていたようで、更なる求人情報の紹介につながっていたように思います。このWebサイトの運営に協力してもらっている転職エージェント業界にいる人も、転職エージェント複数登録は普通のことなので競合他社の利用を伝えることはなんら問題ないと言っていますので、安心して伝えてください。
Q. 転職エージェントから紹介された求人情報を、断ることは可能ですか?
A. もちろん可能です。そうすることで次回以降に紹介される求人情報が、ご自身の希望にそうものに近づくことになるので、興味がない求人情報は必ずその理由を付け加えて断ることが大切です。断ると角が立つのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、求職者の希望や好みが明確になり、将来の成果につながりやすくなるので嫌がられることではないのです。転職エージェントが困るのは、紹介しても何も反応がないことです。ですから、求人情報を紹介されたら応募する・応募しないという反応は早めにするように心掛けましょう。
Q. 求職者の意にそわない企業を、転職エージェントが強引にすすめてくることはありませんか?
A. 転職エージェントは求職者の転職が決まれば、求人企業から成功報酬を受け取りますが、その後に数ヶ月レベルといった短期間で転職した人が退職してしまうと、転職エージェントは受け取った成功報酬の何割かを、求人企業に返金する契約になっています。加えて、転職した人が短期間で退職するようなことがあれば、転職エージェントはお金よりも大切な求人企業からの信用を失い、取引が縮小する可能性もあるのです。お金と信用を失うことにつながるのですから、転職エージェントにとって求職者が希望しない求人企業を強引にすすめることのマイナス面は大きいのです。このWebサイトでおすすめしている転職エージェントは5社あり、私はこのうち4社を利用したことがあります。この4社について私は強引だと思ったことはありませんし、残る1社も転職エージェント業界の複数の方に評判を確認のうえおすすめしていますので、安心して利用してください。おすすめの転職エージェントについては次の記事をご覧ください。
比較項目29!おすすめ転職エージェント比較ランキング【20代・30代・40代・50代編】
Q. 転職エージェントを使うと、どの程度の期間で転職できますか?
A. これは参考情報しかお伝えできませんが、私の例では求人企業に応募してから内定まで、最短でも3週間程度の時間は掛かったと思います。面接は2回でした。記録をとっていないのであくまでも記憶の話ですが、1ヶ月も掛からず内定が出たので異常に早いなと思ったものです。私の転職活動経験では、通常求人企業に応募してから内定までの期間は、1ヶ月以上掛かる印象です。さらに日本の企業の場合、円満退職するには退職の意思表示をしてから1ヶ月程度の期間は引継ぎを含めて仕事を続けた方が良いでしょう。元同僚の滅多にない話も書いておきます。彼が求人企業に応募したところ、初回の面接が社長同席の面接で、その場で内定をもらったそうです。内定通知書は後日もらったそうなので、正確には初回の面接で内々定をもらったということになりますが。オーナー企業だとこういうこともあるのですね。

あとがき

転職エージェントとは?どのようなサービスか、具体的にイメージできたでしょうか。
転職エージェントについての不安や疑問は解消したでしょうか。

転職エージェントの登録・利用にあたっては、大切な個人情報を開示することになるので慎重になることは大切なことです。
とはいうものの転職エージェントはとても便利なサービスなので、転職を考えている方はサービスの内容を正しく理解し、信頼できる転職エージェントを選び、転職エージェントを活用して転職成功へと繋げていきましょう。

今回はこの辺で失礼します。

関連記事