35歳以上(30代後半・40代前半・40代後半)の転職活動前に整理しておくべき3つのポイント

35歳以上(30代後半・40代前半・40代後半)の転職活動前に整理しておくべき3つのポイントの画像

こんにちは、転職マネージャーです!

この記事では30代後半・40代前半・40代後半といった35歳以上からの転職活動を始める前に整理しておくべきことについて、転職マネージャーの経験をふまえ、3つのポイントに分けてお伝えします。

35歳以上(30代後半・40代前半・40代後半)の転職活動を始める前に自分の気落ちを整理しておこう

35歳から45歳ぐらいにかけての多くのビジネスマンは、今やっている仕事は本当にやりたかった仕事なのか、こんなはずじゃなかった、このまま終わってしまうのではないか、と不安になったり悩んだりすることを経験します。

これを中期キャリア危機と言って、アメリカの心理学者であるエドガー・シャインが提唱したものです。

理想と現実のギャップに気付いたり、なんとなく限界がわかってしまうのが、35歳から45歳ぐらいにかけての中期キャリア危機の時期。この時期に不安になったり悩んだりして、転職活動を始める方も出てきます。

日本は論語の影響で40歳を不惑と言って、考えや思いに迷いながなくなる時期と思われているところがあるので、30代後半・40代前半・40代後半で転職したいと考えることを、自分の気持ちが弱い、精神年齢が幼いと恥じる方がいます。

しかし、学問的には中期キャリア危機というものもあるのです。このような考えを知れば、少し気持ちが楽になりませんか?

転職したいと思う気持ちを、恥じることはないのです。逆に、転職したくなったのならば、ご自身のキャリアを整理できるとチャンス!とプラス受信を心掛けてください。

そして転職したいと思ったきっかけや理由を、自分の気持ちに正直になって整理してみましょう。

転職したいと思ったからには、何かしらの問題があるはずです。問題とは失望であったり不満であったり人さまざまです。問題を洗い出したら、表面的な問題に留まらず「なぜ?」で深く掘り下げ、その原因を究明しましょう。

その次に問題の原因は、何をどのように変えれば無くなるのか考えてみましょう。

このような整理が、中途採用の面接で定番の質問とも言える、転職理由をまとめるのに役立ちます。

私の転職理由の整理方法について、次の記事で紹介していますので、気になる方は読んでみてください。

 

35歳以上(30代後半・40代前半・40代後半)の転職活動を始める前にこれまでのキャリアを整理しておこう

年単位でも所属部署単位でも構いませんので、転職活動を始める前に、社会人になってからのご自身の経歴を振り返って整理しておきましょう。

あわせて成功体験、失敗体験も振り返り、成功要因、失敗要因を整理することも大切です。

年単位あるいは所属部署単位で主にどんな仕事をしてきたのか、そこでの成果、獲得した能力・スキル、成功体験、失敗体験を整理することで、職務経歴書の土台が出来上がります。

また、このような整理によって、視座を変えてご自身の強みと弱みを見ることができ、自己分析にもつながります。

35歳以上の方ともなれば、これまでたくさんの仕事を経験し、書き出してみれば思った以上に経歴が出てくるはずです。

これら経歴を、わかりやすく職務経歴書に落とし込むことは簡単なことではありません。

30代・40代で転職しようという方で、これまでのキャリアを振り返ったことがない方は週末にたっぷり時間を確保して、じっくりキャリアの洗い出しと整理に取り組んでください。

なお、職務経歴書が出来上がった方は、転職エージェントの社員の方に、プロの目で確認してもらいましょう。次の記事では、30代・40代の求人に強い転職エージェントが比較形式でわかるようになっていますので、転職相談したい方、転職活動を始めたい方はチェックしてみてください。

 

35歳以上(30代後半・40代前半・40代後半)の転職活動を始める前に家族の気持ちを整理しておこう

転職することについて、配偶者、両親など反対するご家族が出てくることはよくあることです。中には転職がきっかけで家族関係が悪化することもあるとのこと。

30代後半・40代前半・40代後半といった35歳以上の方であれば、配偶者、お子さんがいる方もいるでしょう。

転職活動をすると決めたなら、少なくとも配偶者の方には報告・連絡・相談をすべきです。

転職では年収が上がることが多いですが、一方で勤務地、勤務時間、休日の変化もあり得ます。このような変化が、ご家族におよぼす影響が小さくない場合もありますし、ご自身がよかれと思っていても、ご家族が大切にしているモノ・コトは違うかもしれません。

また、転職活動を始めると一定期間は、休日の時間を転職活動に割かなければならない局面も出てきます。

ご家族の希望、要望を聞き、ご家族の気持ちを整理した上で、みんなが幸せになれる転職を実現しましょう。

 

あとがき

この記事では、自分の気持ち、自分のキャリア、家族の気持ちといった、35歳からの転職活動を始める前に整理しておくべき3つのポイントについて書きました。

この中でも自分の気持ちの整理は、特に重要だと私は思っています。

転職経験者であり現在独立している私は、元部下や同僚から転職に関する相談を受けることがあります。

話を聞いていると、転職自体が目的になっているのではないかと感じる人がいました。転職したいと思ったきっかけや理由と、志望している仕事や企業との間に整合性がなかったりするのです。

転職はあくまでも、ご自身の希望や夢を叶える手段です。このような事態に陥らないためにも、転職を成功させて何を実現したいのか、どんな夢を叶えたいのか、転職活動を始める前に、ご自身の気落ちを具体的に整理しておきましょう。

今回はこの辺で失礼します。

「転職エージェント比較登録・PLUS」の関連記事一覧